« 自分の真実を見る | トップページ | 昨夜の夢から »

2016年8月22日 (月)

本当に貴重なことです。

こんにちはshine




























一昨夜は、夜中に目が覚め

色々なことを感じさせていただいたような気がします。
















朝になると、

凄い勢いで上へ上へup上がっていき、

かなり上まで行ったように感じたこと、

途中、上を見上げると

見たことのあるお顔が見えたことしか

思い出せなくなっていたのですが…sweat01








見えたお顔は、

おそらくテレビに出ておられる方だったと思います。













その時、自分の中では意外な方だと思い、

ちゃんと覚えておかないと…と思ったのですが

起きたら、すっかり忘れていました…sweat01










でも、何とも言えない幸せな感覚だけは

しっかり残っていて…

目が覚めても、

しばらく戻ってこられない感じがしました。






とても、とても…ありがたかったですshine



























昨夜は、寝入りばなだったでしょうか。
















身体ごと大きな波の中にいるような…

肉体だけではなく、身体全体に

あらゆるエネルギーを感じたのですが

どこがどうなっているのかはわからず…。



















何か、また変わってきているのかな…

そう感じさせていただきました。








さらに、さらに…

背筋が伸びる思いでいます。











































akemiさんがご提案下さった

横になって、少し脳波が変わったところで

色々な世界の周波数をキャッチする…

ということをさせていただいています。














先日、自分の世界を感じてみると…



















うっすらと水牛?のような動物が

見えてきたのですが…

よく見ると、耳のあたりに花飾りをしていたんです。











動物が花飾りをしている…

















ちょっとびっくりしましたが

その姿がとても可愛らしく見え、

何とも言えず…ほっこりしましたconfident










この世界の常識の枠の中にいると

決してわからない世界なのだろうな…と

あらためて思ったのですが…







今朝になり、ふっと思いました。


















だからこそ、この世界の捉われから

いい加減、脱しないといけない…

真実でないものを真実だと錯覚することから

卒業しないと…


そう促していただいていたのでは…?と。。。









見せていただいていること、

感じさせていただいていることは

そのチャンスをいただいているのだな…

と、あらためてヒシヒシ…。











色々な世界の周波数をキャッチする

ということが

簡単にできるようにならせていただいていることも

どんなに貴重なことか…。























セッションでしていただいてきたことはすべて

本当に、本当に、貴重なことですね。

(当たり前のことですみません…sweat01
























そのことを

もう一度、しっかり、深く噛み締めながら…









だからこそ、

自分のやるべきことを…ですね。













気が付いたことを反省し、改めることまで

ひとつひとつしっかりと。





















ハートに聞いてみる。






…集中します。

Dsc08282

「お読み下さり、ありがとうございました…aquariusshine

« 自分の真実を見る | トップページ | 昨夜の夢から »

不思議体験・ビジョン・夢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95072/64092896

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に貴重なことです。:

« 自分の真実を見る | トップページ | 昨夜の夢から »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ