« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

徹底的に見つめること

こんばんはshine



























昨夜は、布団に入るとすぐに

隣の部屋から愛猫の鳴き声catがしました。








以前に何度かあったのですが

愛猫が夜に鳴く時は

何かしら不思議な体験をさせていただくことが

多かったように記憶しています。






























すぐに起きて、

隣の部屋に行き、電気をつけました。

















すると、

急に明るくなったことに驚いた顔をしながらも

上の方の空間を見つめている

愛猫の姿がありました。




興奮している感じはなかったのですが

不思議そうな目で

一箇所を見つめています。

「ももちゃん、あそこに何かいるの?」

(クモなどの虫も含めて…coldsweats01








と聞きながら

少し身体を撫でていたのですが

落ち着いているようだったので

私も布団に戻りました。








そして、目を瞑るとすぐに

頭の周りがサワサワしているように感じ始め、

しだいに脳が活発に動いているようにも…。



そのまま眠ってしまったようで

あとは覚えていないのですが、

朝、起きた時に感じたことは

また感覚が変わっているように感じました。







とてもすっきり、爽やかな感覚

というのでしょうか…






そういう感覚を感じるということ自体

とてもありがたく感じました。。。

















ありがとうございます…shine























今日(29日)のakemiさんのブログ
に書いて下さった

他者から見せてもらう思考の傾向と

ハートのモヤッとするものからチェックする方法。





本当にいい加減卒業しないと…sweat01

私は卒業できるだろうか…


そんなことを考えていたら

先ほど、急激に眠くなってきてsweat01

うたた寝をしてしまったのですが、

その時、短い夢を見たようです。
















夢の内容は思い出せないのですがsweat01

何かに対して怒っていたことは

はっきりと覚えていました。















卒業できるだろうか…

と思ったことへの答えなのでしょうか、

卒業する為にどういうことを

もう一度、深く見つめるべきか

わかりやすく表してくれていたのかもしれません。



特に、自分の中にくすぶる怒りの感情を

もう一度、見つめるべきだと…。























昨日も書かせていただきましたが

やっぱりそこなのか…



そう思いました。










客観的に見るためには

いかなる時も感情を入れないこと。

基本のことだと思いますが…

もう一度、深く見つめ直します。















Dsc07814

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年4月29日 (金)

もっともっと愛を拡げる…!

こんばんはshine

































今日、お話しさせていただいた方が

小さい頃から、周囲の人に対して

あまり怒ったことがないんです、と仰っていました。
















感情面で安定していらっしゃるのだな…と思いましたが

小さな頃から…というのは

どう考えても凄いなぁ…eyeshine(←尊敬の目)と…。




思わず、もう少し突っ込んでお伺いすると

たぶん、自分の感情の波に呑まれることが

とても嫌なんです…と仰っていました。



ということは、

そもそも感情があまり動かないのではなく

(いえ、それもあるかもしれませんが)

ある時、感情が動くご自身をお感じになったからこそ

日々の心がけなどで、しだいに、

感情のコントロールができるようになられたのかな…

と思いました。



















ご本人は、

そのあたりは思い出せないそうですが

今は、感情が安定していることは

至って普通のことのようで…





そういうことが

その方が醸し出しておられる

ほんわかとした空気感に現れているなぁ…confident


一緒の空間にいるだけで

心地いいとお感じになる方が多いのではないかな…




単純ですが

そんなことを感じさせていただきました。














心を正しく使うには、

感情面の安定が必須だな…とつくづく感じます。















いかなる時も、感情が動かされない…

自分の課題です。









そのことの大切さを、あらためて

沁みるように感じさせていただいたように思います。












とてもありがたかったです。。。






























今日(28日)のakemiさんのブログ
を読ませていただいて

また、全体のために

凄いことをお考え下さっている…

そういうことができるなんて…eyeshineshine


何というか…

希望のようなものを感じさせていただきました。









と同時に、自分の愛は

まだまだ小さいな…と恥ずかしくなりました。




大きな希望に繋げる一員になるには、

もっと大きく拡げていかないと…。









たえず、畏敬の念、

感謝の気持ちを強く持ちながら

自分の愛をもっともっと拡げていきます…shine




ありがとうございます…shine









遅い時間の更新になって、申し訳ありませんsweat01





お読み下さり、ありがとうございました…clover



Dsc07812

「眠いのニャぁ……では、おやすみニャさい…chick

2016年4月28日 (木)

階段を一段一段確実に…

こんばんはshine



























昨夜、見た夢は一部を覚えていました。

















どういうシチュエーションかはわかりませんが

私はなぜか、

「歯が抜けてしまった!」と言っている方のそばにいて

え~っ!eyesweat01と驚いています。







ですが、しだいに…

もしかして、自分の歯も抜けているのでは…?sweat01

と不安になり始めます。






ガラス窓に移った自分の姿を見ると…

3本くらい?抜けているように見えて

思わずギョッeyesweat01






















ど、どうしよう…

これから行かないといけないところがあるし、

歯医者さんに行く時間はあるかな?

歯医者さんは空いているかな…?sweat01









そう思いながら、アタフタしている…




という夢でした。









起きてから…








今のは…

明らかにメッセージだよなぁ…sweat02と。。。



早く歯医者さんに…と思ったのは

人前で口を開けられない…と思ったからです。




それは、

人の目を気にする、人からどう思われるか気にする、

恥ずかしいところは隠したい…






そういう思考がまだある…ということだ…sweat02

と思いました。













また、よく考えると…

自分もそうなのでは…?と思ったのは

人の(「歯が抜けた!」という)発言によってでした。



まだ影響されている…

ということでもあるのかも…sweat02と。。。










さらには、歯が抜けたというのは

身体のことではありますが、

一刻を争うような深刻なことではないはずです。









それにしては、アタフタしすぎていたな…wobbly









もっと、どっしりしている…

感情が揺り動かされない…ということを

言われているようにも感じました。






覚えている場面はとても短かかったのですが

色々なことが浮かんできました。



















何といっても

準備を急ぐように…!!

これまで以上に

発破をかけていただいているように感じました。
















改めるべきところを急いで改めるよう

さらに強力に促していただいているように…。







さらに、さらに…背筋が伸びます。。。
























































今日(27日)のakemiさんのブログ

書いて下さったことを何度も読ませていただきました。






“入れ替え”…

思ってもみなかったことです。


これまでもずっとそうでしたが…

想像を遥かに超えることを次々とやって下さっています。

















何といっていいのかわかりません…

ありがとうございます…。























して下さったことに

関係しているのかは自信がないのですが…



今日の夕方頃だったでしょうか。

何か…感覚が変わったような気がしました。

 

 

 

 


ここにはいるけれど、いないような…?

穏やかな静寂の中にいる…

というような感じでしょうか…








今も、何とも言えない空気感に

包まれているような感覚があります。










ただただ…ありがたいです。。。
























ですが、

やっていただいていることに

恥じない自分になれているだろうか…

















まだまだなれていません。。。

すみません…恥ずかしいです…sweat02


























自分の畏敬の念…

やはり気になり…何度も顧みています。

 


自分の基に

畏敬の念、畏怖の念がしっかりあること…






このことが基本で

どれほど大事なことか…

何度も教えていただいています。














私は、本当にわかっているのか…

そして、畏敬の念、畏怖の念は

強く、大きく…なっているのか。。。








まだまだだと思いますsweat02




もっともっと強く大きく…していきます。


























線で捉え、繋げていかないと

階段を一段ずつ確実に上がることは

できないのだな…と痛感しています。

















昇ったり降りたり…になってしまうのは

点で捉えているからなのですね。。。






階段を一段一段

確実に昇ることができるように…







今、自分がするべきことに全力を注ぎます。




本当にありがとうございます…shine

Dsc07809

「お読み下さり、ありがとうございましたclovershine

2016年4月27日 (水)

しっかり気を引き締めて…

こんばんはshine

























昨夜は、

寝入りばなだったと思うのですが

ふと気が付くと、すごい勢いで

足の方から上へ引っ張られていきました。






そのまま勢いよく、

足から上へ上がっていったので

うわっsweat01となりながら夫を見ると

すでに夫が下の方に見え、思わず焦りましたsweat01















夫が私に気が付き

手を差し出しているのが見えたので

自分も手を伸ばし

夫の手を勢いよく引っ張ると、夫もフワッと浮く感じに…。





そのまま夫の身体を持ちあげると

一瞬、「重っ!eyesweat01

夫の身体の重みを感じました。











それでも、(夫の身体を)担ぐことができ、

その後すぐに、重みは感じなくなったのです。




そうか…

普段は(夫の身体を)担ぐことは難しいけれど

こういう状態だと担ぐことができるんだ…




焦りながらも

そんなことを思ったことを覚えています。














それから先の記憶は曖昧なのですが…

色々な場に行ったような気がします。















ただ、景色のようなものが見えるわけではなく

目の前の色がどんどん変わっていくことで

感じさせていただいたような気がするのです。








色の変化を思い出すと、

あまり明るくないところから、とても明るいところまで…

たくさん変化していったように思います。






そして、はっと気が付いた時には…

布団の上にいました。











一瞬、状況がわからず、

思わず横を見ると

普通に寝息を立てて寝ている夫の姿が…。











そこで、

ああ…そうか…と我に返りました。









その時、珍しく

横にある押し入れの中に入って寝ていた愛猫が

押し入れからストンと出てくる音がしたので

あ…ももちゃん、ずっとそばにいたんだ…

と思ったことは覚えているのですが

そのまま寝てしまったようです。








朝になり、

夫に昨夜のことを話すと

やはり、夫は「え?知らない…sweat01」とのこと。












ですが、

昨夜は夫も、見た夢を覚えていたそうです。












自分が、警察官の上の方という立場で

(なぜか2番目だそうです)

テロ対策?のようなことを担当していて

人員の配置を色々と考えたり、

指示を出したりしていたのだそうです。








夫は、これまでも夢の中で

警察官という仕事に就いていることが

幾度となくあったようなので

私がさせていただいた体験とは

関係がないかもしれませんが…


何か…もっともっと

気を引き締めなければいけない…と思いました。










些細なことでも影響されたり、

簡単にネガティブに傾いたり…

そういうことは、

もう本当に終わりにしないと、と…sweat02



























自分を徹底的に客観的に見つめること。



akemiさん
が書いて下さった

線として捉えること。















今までのことを積み重ねていけるように

基本を踏まえて取り組んでいくこと…

心していきます…。


























パソコンに向かいながら、ふと廊下の方を振り返ると…

Dsc07804

ぴったり揃えたももちゃんの後ろ足がありましたconfident

2016年4月26日 (火)

たえず今に焦点を合わせる!

こんばんはshine




























特に、ここ数日、

ふと気が付くと、愛猫が私の顔を

ジ~~ッeyeと見つめています。








基本的に

猫は目と目を合わせることは苦手といわれています。

猫同士では、

それが威嚇行為になるからだそうです。


















人間と一緒にいる猫ちゃんは

そういった本能が薄れるところはあるとは思いますが

それにしても、

こちらが気が付いて見つめ返しても、

視線をずらすことなく、しばらく見つめたまま

というのも珍しいような気がして

何かしら感じているのかな…?と思いました。

















思わず、

「ももちゃん、どうしたの~?

心配しなくても大丈夫よ~。」と言っていました。


















その瞬間、ん…?

何で心配という言葉が出たんだろう、と。。。


















愛猫が、何かしら変化を感じていて

どこか心もとない感じがするのでは?

何か不安なのでは…?と思ったのだと思いますが

そういう発想になるということは、

自分の中にあるからでは…?sweat01

と思いました。












不安や心配が

自分の中に、まだあるからではないか、と…。





















では、何に対して

不安、心配というものがあるのか…?

なぜ、そう思うのか?です。












いまだに

この世界での先のことに意識が向くからでは?

そこに

不安や心配といったネガティブなものが

湧いているのではないか…と思いました。














この期に及んでなぜ…?sweat02と思いますが

自分の中にあるものを認めなくては

手放すことはできません。。。














そういうものがあるということは

しっかり焦点が合っていないのかも…sweat02





自分の信じる力というものが

まだまだ弱いのでは…?bearingsweat01とも思いました。




















信じる力の中に現実化の源がある
ということを

akemiさんが、あらゆる角度から

教えてきて下さいました。


赤字は、akemiさんのブログから抜粋させていただきました。)

















また

たえず今に焦点を合わせる…ということも。



















心底納得し、腑に落とせたかな、と思っていたことが

まだまだ…なんだwobblyと思いました。























気が付いたことは、一つ一つしっかり反省し、

一つ一つ変えていくことしかありません。










たえず、今、今、今…









集中していきます。









毛が逆立っているももちゃんcoldsweats01 眠そうです。

Dsc07802_2

「おやすみニャさい…ムニャムニャ…sleepy

2016年4月25日 (月)

偏っているもの

こんばんはshine
















昨夜は、布団に入るとすぐに

これまで以上の体感を感じ、

耳鳴りが驚くほど大きな音で聴こえてきました。














ただならぬ雰囲気を感じ、少し緊張していましたが…







気が付くと朝になっていました。











いつにもまして、あっという間に朝が来た…

という感じでしたが

寝ている最中に何かしているのかと思うほど

どこかぐったりしていて…


学ばせていただいていたのかな…?

と思ったりもしました。










今日は、

ハートがぼわんとする感じが何度かあり、

パソコンに向かい始めると、

それがさらに顕著になってきました。











そこで、先ほど、

少しだけ横になろう…と横になると、

知らず知らず、40分くらい寝てしまっていました…sweat01






はっと目が覚めた時に

ああ、そうか…この2つのことだな…

と思ったことを覚えています。











何かを深く納得できたように感じたのです。
















ですが、少し経つと、

…あれ?2つのことって…何だっけ…?


思い出せなくなっていました…sweat01









長く寝てしまってはいけない、

という意識があったからかもしれませんが

起きている時と寝ている時の境目が曖昧な感じ、

不思議な感覚でしたが…

何か…ありがたく感じました。























話を変えさせていただきます。

















先ほど、

昨日のある方との会話を思い出していました。
















海外旅行をされて帰ってこられたその方は

旅行先の国の方々、

またはそこに観光に訪れている他国の方々と

接することができたことが

一番面白かったと仰っていました。



















様子を見たり、接したりしているちに

この国の人はこういう特徴があるだろう…と

決めつけて見ていた自分が

恥ずかしくなった…とのこと。













それが一気に覆されるくらい

印象が良かったそうなのです。





















その時も、

自分にあるところを言っていただいている…sweat02

と思いながら

聞かせていただいていたのですが

今になって、ああ、そうか…となりました。








違う国(の人)ということに限らず、

価値観などの相違を

まず、受け入れるのではなく

自分なりの色を付けて見てしまっているところ、

自分の中に偏っているところがあるから

こういう話題になったのでは…?と思いました。





自分の偏見で判断してしまっているところが

まだあるからでは…?sweat02と。。。


















自分の中の偏り。







とても嫌なところです…sweat01



だからこそ、

洗いざらい出し切らないと…










そして、徹底的に顧みないと…です。











急ぎます。

Dsc07794

「お読み下さり、ありがとうございました…sleepy

2016年4月24日 (日)

限定して捉える癖

こんばんはshine





















































昨日、書かせていただいたような体感が

今日も何回かありました。


















それが続くと

少し車に酔ったような感覚になる時も…。

























お客さまが帰られた後、

その体感を感じ、少し横になりました。












この時…











そういえば…

遊園地にこういう体感の乗り物が

あったような…と思っていました。









二人乗りの

ミニジェットコースターみたいなもので…






そう考えた瞬間、ハッeyeとなりました。












あ、また…

この世界のものに例えようとしている…

と思ったのです。



似たようなものに例える…といっても

この世界で自分が経験、体験したものの中での

ことになります。










それを前提として

どなたかにわかりやすいようにお伝えするため

という意味では

何らおかしいことではないと思いますが…

これもヒントかもしれない…と思いました。











こういうことに限らず、

知らず知らず、この世界のことに

当てはめて捉えたり、考えたりする癖があるのでは…?

ということかもしれない…と。。。













限定して捉える癖…というか。
















それは、自分の価値観の中に

ヌクヌクい続ける…ということにも

繋がってしまうような気がしました。
















この世界で生きる上では

ある程度、必要なことだと思い込んでいたのかもしれませんが

明らかに必要のないものだな…

今は、強くそう感じます。















限定して捉える癖…

見直し→解放していきます。

Dsc07787

「おやすみニャさい。.。。sleepy

2016年4月23日 (土)

幸せを感じながら…

こんばんはshine

































自分の前足で、私の顔を触ろうとヒョコヒョコ動かしては

何か言いたげな愛猫。

Dsc07770_2

「ももちゃん、な~に?」と聞くと

じ~~っと見てから、あ…いや…あの…何だっけニャ?sweat01

と、ドギマギしたような様子になります。






何を言おうとしているのか、

何となくわかるような…わからないようなsweat01





でも、想いや愛情のようなものは

しっかり伝わってきます。












言葉を介さない会話。











自分のまんまが表れ、即座に伝わり、

相手のも伝わってきます。

動物には、

イイカッコしいな嘘やごまかし、取り繕うことは

一切通用しません。


正直に、まっすぐに向き合うだけ。



自分のまま、相手を信頼すること、

繊細な感覚は必須だな…













愛猫との会話から、そんなことを思いました。












akemiさん

今日(22日)のブログに書いて下さった

私たちが、この世界に生きる自分から解放されるために

必要な2つのこと…






自分の真実を受け入れる。

いつも自分自身でいられること。



…心していきます。







































今日は、お客さまとの会話の中に

“幸せ”という言葉がたくさん出てきました。















捉え方がネガティブだと

どういう状況でも幸せは感じられず、

捉え方がポジティブだと

どういう状況でも幸せを感じられる…








そのようなことが会話に上がりました。












あらためて自分を顧みると

見直しが煮詰まったり、深刻になりそうになると

そこからは遠くなっています…bearingsweat02


















まだまだ視野が狭いです。

もっともっと拡げていくこと。




そして、

幸せを感じながら…進んでいきます。




























今日は、体感の変化も感じました。










一日のうちでふわっとする感じが

たくさんあったのですが

その感覚も、これまでとは違うように感じました。









その時の体勢のまま、身体が浮き、

向く方向を変えたり、

動いたりしているように感じたのです。














実際には動いてはいないのでしょうが…

度々、そう感じさせていただきました。











ありがとうございました…shine

Dsc07785

「では…おやすみニャさい…heart

2016年4月22日 (金)

しっかり手放すもの

こんばんはshine




























自分の中に

良い・悪い、好き・嫌いというものが

まだ残っているのだな…と感じています。





また、そういうことで判断しようとするところも…。








二極性の世界から

完全に卒業できていないのです。

















そういう思考に傾かないと、とても楽だな…

と実感することも度々あり

以前とは違うことは感じます。


ですが、

そう感じること自体、

全くの別物にはなれていないという証拠…sweat02








やはり、そこです。





別物になるには

中途半端ではなく、すっかり変えないと難しいのです。













お恥ずかしい話ですが

そもそも私は、自分を変えたい、

自分の思考を変えたいと

思っていたわけではないと思います…sweat01

















そこにさえ、

辿りつけていなかったと思うのです。





















そんな私が、

自分を変えたいと真剣に思ったのは

akemiさんと出逢わせていただき、

自分の思考を見つめていくうちに

自分の中のそういうところが

本当に嫌だな…bearing と思ったからです。






人に対して、

良い・悪い、好き・嫌いで何かを思う時、

自分に対して嫌悪感を覚え、

ズドーン…と落ち込んだからです。
















そして、

そういう自分では

どなたかのお役に立つことは

到底難しいのだ…sweat02いうことを痛感したから…。




























変わりきれない自分を

あきらめられないのも

そういうことを痛感したからかもしれません。


















それなのに

なぜ、そういう思考から

完全に離れることができないのか?















それが当たり前のこととして

癖のようになっているから…ということだけでなく、

そこに執着している自分がいるのかも…?sweat02

と思いました。




















良い・悪い、好き・嫌いで判断するということに対して

どこか執着があるのでは…?と。。。

















では、なぜ執着などしているのか?








そういう思考で自分自身を確認し、

正当化しているようなところが

まだあるのかも…

そういうことが執着となっているのかも…sweat02



と思いました。


























自分の思考の癖に執着があるのなら、

そこを徹底的に見つめ、手放す以外はありません。
















そこを超えないと、

行ったり来たり…になるのだな…と思います。





























akemiさん
が、今日(21日)のブログ

人の思考というものを、良い悪いとかではなく

傾向という考え方で捉えていらっしゃることを

書いて下さっていました。





以前から

お話し下さっていたことだと思いますが

読ませていただいた時、

自分の中に

スッと落ちるような感覚がありました。


深く…響きました。
















響いたことをどうするかは…

自分次第ですね…。























少し前までは、

そういう思考に一瞬でも傾くと

耳がキーンとなることが多かったのですが、

最近はさらにわかりやすく、胸がうっとなる感じがします。
















自分の深いところで

ノーと言っているようです。




















思考について執着しているものを

もう一度、深く、繊細に…見つめていきます。







Dsc07784

「お読み下さり、ありがとうございました…clover

2016年4月21日 (木)

今朝の車(つづき)と綺麗に廻るもの

こんばんはshine

































今朝(もう昨朝ですね)、書かせていただいたブログを

読み返すと、ん…?となりました。
























前を走っていた車が

その前に停まっていたバスに対して

無茶な追い越しをされたのを見てドキッとしたこと、

その車のドライバーの方の行動から

自分にまだあるところを見せてもらったんだ…

と思ったのですが…












ちょっと待って…

それは、その時のドライバーの方の思考まで

勝手に想像し、判断しているってことだな…sweat02と、

後になって思いました。





















そうか…自分の中に、

相手を判断する思考がまだある…ということだ…sweat02







そもそも、

そこを見なければいけなかったんだ…と。。。












反省・反省…bearingsweat02







すぐに気付けなかったことにも

大いに反省しました。




















それは、まさに

人に対して判断・評価しているということですね。






自分以外のことに原因を

見ようとする思考に繋がります。


















何度も見てきたことですが…

まだあるのだな…bearing と思いました。

















そこをもう一度、見直さなければ…です。


中途半端でなく、徹底的に…。

















まだまだ、繊細な感覚が

足りないことを痛感する日々です…sweat01















以前からずっと足りないところだと

感じていますが…

この時期になって、まだこんな感じとは…sweat02















もっともっと繊細に…心していきます。




































今日は、昼に少し横になりました。















すぐにウトウトしだし…

その時に見えたフルカラーの光景は

初めて見るものでした。















それは、

まるで機械式時計のしくみ(内部)のような光景。













綺麗なレモン色と白の歯車が

大中小の大きさ(だったように見えました)で

それぞれ幾つかあり、

互い違いに重なって

規則的に廻っているように見えました。










しばらく見ていると

綺麗に廻っている白の歯車の一つが

アップで見えてきたのか

急に目の前に大きく映りました。



















その後、少し引くようにして

全体を見るような感じになり、

すべての歯車が綺麗に廻っていたように見えました。












その光景を目にした時、なぜかすぐに

これって、頭の中…?というか…脳の中?

と思ったんです。
















バージョンアップのエネルギーを入れていただいたことと

何か、関係するのかな…?

と思ったように記憶していますが…

起きてから、なぜそう思ったのかな?sweat01と思いました。





全く見当違いかもしれませんので

書かせていただくか迷いましたが…sweat01











レモン色と白の明るく綺麗な色をしていたことと

綺麗に廻っていたのが印象的で

なぜか嬉しく…

ワクワクしながら、見させていただきました。








ありがとうございました…shine















思考の見直しをしていると、

まだ深刻になりそうになる時があります。






そういう時は、

やはり、下を向きそうになっているようです。












そういったワクワクを忘れずに

前(ちょっと上め)を向いてup

急ぎながら見直しを続けていきます…rockshine








Dsc07777

「お読み下さり、ありがとうございましたshine

2016年4月20日 (水)

今朝の車

おはようございますsun






























昨夜は、遅い時間まで施術をしていました。










そういう日の翌朝は、身体が重かったり

頭がもやっとしていることがよくあったのですが

身体も重くないし

頭もすっきりしている…というか

どこか生まれ変わったような感覚でいます。
























akemiさんのセッション
を受けさせていただいてから

(特に昨年末のセッションで

 プログラミングの書き換えをしていただいてから)

ずっと身体は軽い感じがしていたのですが

この頭の感覚はこれまでになかったと思います。
















バージョンアップのエネルギーを

入れていただいたからだな…と、つくづく…。








ありがたいです…shine




























今朝、夫の運転する車で

仕事場に来たのですが

比較的狭い2車線の道路を走っていた時のことです。

















私たちの車の2台前を走っていたバスが

バス停で止まりました。







そのバス停は、

ちょうど急カーブになっている途中にあり、

バスの後ろにいると

対向車線に車が来ているかどうか見えない状態になります。









安易にバスを追い越そうと車線変更すると

対向車線から来る車と

正面衝突することも考えられる場所なのです。
















カーブを曲がりきったすぐ先に信号があり、

その状況を危惧したのか

曲がり切らなくても見える場所にも

信号が設置されているのですが

バスの後ろにいると、その信号さえもよく見えません。






当然のように

私たちは、バスが動き出すのを待とうと止まりました。






















すると、その時、

私たちの前の車(バスのすぐ後ろの車)が

何の躊躇もせず、バスを追い越すために

車線変更をしようと勢いよく走り出したのです。













見ている私たちは…「えっ?sweat01








一瞬、息を呑みました。















(対向車線に)車が来ていませんように…!sweat01










その車は

もの凄い勢いでバスを追い越し切って

元の車線に戻りました。








思わず、ほっ…としようとした瞬間、

対向車線の車が

普通のスピードで走ってきたのです。











危機一髪…



















当のその車は

そんなことは思わなかったと思いますがsweat01

見ていた私たちからしたら

まさに危機一髪だったように見えたのです。











「今の、すごく危なかったよね…sweat02

「うん…危なかった…sweat02

(夫と私の会話です。)





















そんな会話が空しく感じるくらいsweat01

何事もなかったかのように

その車は

さらにスピードを出して去っていかれました。。。















特に車に乗っていると、時々見かける光景です。









危機一髪とまではいかないにせよ、

ひやっとする光景。














ドライバーの

“たぶん、大丈夫だろう”という判断から

そのような行動になるのだろうな…

だから、警察が取り締まりを強化せずにはいられなく

なってしまうのだろうな…



















なんて思ったところで…はっ!sweat01となりました。





偶然というものはありません…sweat01











自分の中にも、

そういった甘い考えがあるのでは…?sweat01

と思いました。


そんな余裕なんてどこにもないのですがsweat01

まだ、そんな安易なところが

残っているのではないか?と思ったのです。


















また、安心材料を探すようなところも

まだあるのではないか、ということも…sweat02






















やはり…

些細なことのように見える日常の出来事の中に

ヒントがあります。


















見逃さないよう

繊細な感覚で…見つめていきます。























自分のネットワークを感じてみると

ありがたいことに

以前との違いを感じさせていただきます。















では、

自分がもっともっと意識を拡大させていけば…

と感じてみると

ネットワークの強さというのでしょうか…が違いました…。















まだまだ…ですsweat02

















確固たるものにしたいです。






残ってしまっている変えるべきところを

しっかり変えていくことに集中します。











久しぶりにこんな格好で失礼します…sweat01

Dsc07775

「お読み下さり、ありがとうございました…cherry

2016年4月19日 (火)

変化を感じさせていただいて…

こんばんはshine


































昨夜は、目を瞑ってしばらくすると

オーロラのような光が見え始めました。










とても綺麗な光が

目の前で円を描いているように見えました。






色々な色の光があるなぁ…覚えておきたいな…

と思うや否や

見えるものがどんどん変わっていきました。














わっ…どんどん変わる……

と思ったのまでは覚えているのですが

気が付くと、朝になっていました。














ちゃんと覚えているのは

あのオーロラのような光だけだったかな…?

そう思った時、あっsign01と思い出したのが

最後の方に一瞬だけ見えた

もの凄く明るい光のこと。














まるでカメラのフラッシュshineのように

もの凄く明るい光が見えたのです。


思い出せるのはそれだけだったのですが…sweat01

見せていただいたことを

とても、とてもありがたく…感じましたweep














昨夜、ブログを書いている時に

特に感じさせていただいていたのは

穏やかに、柔らかく

ハートがほっこり温かくなるような…

知らず知らず笑顔になってしまうような感覚でした。




その、何とも言えず

幸せな感覚を感じさせていただきながら

ふと思ったことがあったんです。















ああ、そうか…

これまで、無駄に孤独感のようなものを

感じていたんだ…ということでした。








ほっこり温かい幸せな感覚を

めいっぱい感じさせていただいたことによって

そういったものが

あらためて浮き彫りになってきたようです。




















孤独感というものが

どこか、つっかえ棒のようになっていたのかな…と。

















といって、それはまぎれもなく

自分自身で造り出したものです。











浮き彫りになってくることで…





…あれ?sweat01となりました。

















なぜ、そんなものを造り出していたのだろう…?

どうして、そう感じたのだろう…?






孤独感を感じていたこと自体、不思議な感じに…。















そこを、もう少し深く見つめた方がいいかな?

と思うのに、孤独感自体

既に思い出せないような感じになっている…というか。



















ただ、自分で思うよりも

そういうものが大きかったからこそ、

自分の殻を作り、

そこに閉じこもろうとしていたのだろうな…

と思いました。














とても閉鎖的なところがあったのです。





















それは、枠から出られないこと、

ネットワークが拡がらないこととも

当然、繋がっていただろうな…と…。






























今日になり、

akemiさんが書いて下さったように

自分のネットワークを感じてみると…

す、すごい…eye

明らかに違いを感じさせていただきました。















拡がりながら

上へ上へ上がっていく感じupがしました。






















ネットワークをしっかりしたものにする

しっかり繋がっているには

心を正しく使う…ということですね。
















それは、自分にしかできないこと。











肝に銘じ、

せっかくいただいた可能性を

無駄にすることのないよう…

もっともっと…意識を大きく拡げていきます。


































今、頭の中が

とてもすっきりしているような感じがします。














中心がしっかりぶれずに

焦点が定まっていて、

ス~~ッとしているような感じ…というのでしょうか。








本当にありがとうございます…weepshine
















気を引き締めながら、見直しを続けます。





Dsc07773

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年4月18日 (月)

まっさらな状態で

こんばんはshine












今日(17日)のakemiさんのブログ

何度も読ませていただきました。











バージョンアップのエネルギーを入れて下さること…

自分の中で、

緊張感がどんどん増していきました。






これまでも

驚くようなことばかりしていただいてきましたが…

こんなにまで

していただいていいのだろうか…weep

本当に凄いことだ…と。。。










言葉では到底言い表せないのですが

それでも書かずにはいられません。





本当にありがとうございます…shine










できるだけまっさらな状態で

受け取らせていただきたい…と思いました。



















今朝からずっと

耳に圧がかかったような状態で

耳鳴りがしていたのですが

21時45分くらいから特にハートが反応し始め…

22時くらいからは、

体感ががらっと変わったように感じました。






















身体全体で

ぶわ~ん…というような強いエネルギーを感じつつ

身体の至る所が反応していました。


すると、

頭も身体もス~ッとしてくる感じがしたり

とても穏やかな感覚を感じたり…。

















上手く表現できないのですが…

すべてが、どんどん穏やかに…柔らかに…

フワ~~ッとしているようで…

地に足はちゃんと着いているような感覚…というか。











今は、そんなふうに感じさせていただいています。













上手に表現できず、すみません。。。





































自分にしかできないこと

=自分の思考の見直しを続けています。



















今朝、目覚めてから

自分の枠とは…と考えていました。


















この期に及んで取っ払うこと、

超えることができていない

自分が造っている枠とはどういうものか?

なぜ、取っ払うことができないのか?





ということをあらためて…。

































自分の枠…いえ、枠と思っているものでしょうか、















難しく考えると、わからなくなるのですがsweat01

私の場合、

単純に、自分の慣れ親しんだ価値観や

プライドといったものではないかと思いました。








これまでは、

ある程度、必要だと思い込んでいたものです。









また、それは

心地良いと思い込んでいたものでも

あったのかもしれません。
















明らかに、もう必要のないものであり、

決して心地良いものではないのに…。







そこがあるからこそ、

色を付けるのが癖になっていたり

要らないことをくっつけて

ややこしくしてしまうのに…。











これまで教えていただいたことの中で

自分なりに色付けした考え方や

価値観において捉えていることは

どれだけあっただろうか…








今更ながらにヒシヒシ感じます。









だからこそ、

あることは腑に落とせていたとしても

あることはそうでなかったり…

そういうことになるのだな…sweat02と思いました。












そのことを何となく感じつつも

枠を取っ払えないままだったのは…







自分の価値観に固執する頑なさが

いまだに(自分の中に)あるからだろう…ということも。。。














頑なに固執するのは

慣れ親しんでいるから…ということ以上に

枠を取っ払うことに対する恐怖が

あるのかもしれませんが

やはり、それは甘えです。
















潔く、勇気を出して

そこを超えるしかありません。







やはり、まっさらな状態で受け取ること、

その上で腑に落とす必要があるのだと思います。













それでこそ、

深く信じきることができ、

潜在意識に及ぼすことができるのではないか、と…。















枠は、完全に取っ払わないことには

全くの別物に変わることはできないのですものね。







固執しない潔さと勇気、

また、もっとも必要だと思うのは素直さです。

そして、腑に落とし、信じ切ること…。





まだまだなところが

盛りだくさんに見えてきますsweat01
















ですが、その基には

やはり、畏敬の念、深い感謝。



当たり前に確固たるものにしたいです。


















これまでやっていただいてきたこと、

今、やっていただいていること…

深く感謝させていただきながら…






見直しを続けます。








Dsc07766

「本当にありがとうございました…shine

2016年4月17日 (日)

ほんの少しでもプラスに…

こんばんはshine





































今日は、21時半を過ぎたあたりから

体感と耳鳴りが大きくなってきているように

感じさせていただいています。




今は、ハートが強く反応しているようです。




































今日は、

お客さまとお話をさせていただいていて

少し煮詰まっていると仰っていたその方が

ふっと笑顔になられた時、

何とも言えず、自分の胸が熱くなるのを感じました。
















硬かった表情が解け始め、

笑顔になられた瞬間、

何か…ふ~っと軽くなられたように感じ、

単純にとても嬉しかったのです。










その一方、

まだまだ狭い視野の中、

引き出しが少ないまま、ない知恵を振り絞って

あの手この手で

お話させていただいている自分を痛感…sweat01


















本当の意味で、

(相手の方にとって)何かしらプラスに

なることができているだろうか…

















再三問いながら、

慎重にお話させていただいていました。



















そして、ふっと…

先日、受けさせていただいた

お電話でのセッションでの

akemiさんがして下さった受け応えの仕方を

再度思い出させていただいていました。




















相手が軽くなるようなアドバイスを

色々な角度からして下さっていたのが

とても印象的だったのですが…




セッションから少し経った今、

アドバイス自体はもちろん、その方法(仕方)も

その時の私にとって必要なこと

且つ最適なことだったのだ…と感じるのです。
































相手の方にとって

何かしら、

ほんの少しでもプラスになることを…。



















そう思うからこそ、

色々な角度から、

その時のその方に必要なことを

最適な方法で…となるのですよね。。。














そうできるようになるには、

私は、

もっともっと視野を拡げていかないと…

自分自身が成長しないと…です。
















少しでも近づいていきたいです。





















Dsc07761

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年4月16日 (土)

今、自分のやるべきこと

こんばんはshine


























今日の日中はずっと

耳鳴りが響いていました。



耳鳴りではなく、

本当に鳴っている音ではないかと思うほど

はっきり聞こえていて…




自分の中でピキーンとした

何とも言えない緊張感になり…

今もその感覚が続いています。




























進むために、
akemiさん

また新たなことを試みて下さっていますね。

ただただ…頭が下がります。

ありがとうございます。本当に…。


















では、全体のために

今の自分にできることは…?

自分のやるべきことは…?と考えると…
















自分を客観的に見て

自分の思考のネガティブなところを

徹底的に改めること。









どんな時もポジティブに

どんな時もフルオープンでいられるように。




そうしようではなく、

それが当たり前になるように…。















やはり、それしかありません。


























自分自身(一人一人)が

しっかりポジティブに変わっていくこと、

そのことが、本当に大事なんだ…




できることを増やしていくには

しっかり変わっていくことしかないんだ…









あらためて…

噛み締めるように感じています。





























そして、

まだまだ足りないのだな…sweat02と思うのが

畏敬の念、畏怖の念です。






当たり前に持っているべき

畏敬の念、畏怖の念。






もっともっと大きく、深く…

自分の基にしっかりあるように…

顧みます。















今、自分のやるべきことに

集中していきます。

Dsc07758

「お読み下さり、ありがとうございましたshine

2016年4月15日 (金)

勇気

こんばんはshine

















昨夜は、寝入りばなだったか夜中だったか

定かではありませんが

気が付くと、体感がもの凄くて

目が覚めたような気がします。

















このまま何かが起きるのでは…と

ドキドキしてしまうほどでした。









それは、

ここ数日の体感と似ていましたが

実際に肉体がどんどん変わっていくような…

さらにリアルな感覚を覚えました。
















そして、耳鳴りも

かなりの音量だったように思います。






























かなり長い時間、

体感や耳鳴りを感じさせていただいていて

しばらく眠れなくなったのですが…








最後の方だったでしょうか、

目の前に、もの凄く明るくて綺麗な光が現れ、

その光でいっぱいになりました。


















覚えておかなくちゃ…sweat01と思う反面、

いつも以上に体感や耳鳴りが凄かったのと

その光も…何とも言えず

リアルに感じさせていただいて…

思わず緊張してしまいました。。。
















今は、思い出そうとしても

細かいところが

まったく思い出せなくなっているのですが…











感じさせていただきながら、

まだまだな自分にも

こんなにまで感じさせていただいていることが

ありがたくて仕方がなくなったことは

はっきり覚えています…。











そして、明らかに変化を急げと

促されているのだ…

本当に猶予はないのだ…sweat02ということも

ヒシヒシ…これまで以上に感じました。


ありがとうございました。。。
































昨日、書かせていただいた

自分に対する指摘をありがたく、抵抗なく受け入れること。

そして、信頼すること。



深く見つめています。








指摘を受け入れることや信頼することが

しづらいのはなぜか?と考えると…









自分に

素直さや謙虚さ、純粋さが足りないんだ…happy02

傲慢さがあるからだ…sweat02ということが

すぐに思い浮かびました。


すぐに浮かんだのは

思い当たることがあったからです…sweat01











そうか…

この期に及んで、そういうところが

改めることができていないんだ…sweat02







深く反省…。















ですが、

何か…もう一つすっきりしない感じがあり、

なぜだろう?と思いながら見ていました。










すると…

自分の中の恐怖…というのでしょうか、

そういうものが炙り出されてきました。














以前、自分の中に

根深くあることを感じた恐怖というもの。














まだそういうところが残っていて

上記のこととも繋がってしまっているのでは…?sweat02

と思いました。





では、一体、何が恐怖なのか?

どういうことを怖いと感じるのか?…です。










自分自身だと思っているものを

壊すこと、壊されること。

そして、裏切られること。

(実際にどうであるかではなく、

そう感じる、そう受け止めること)

そういうことではないか…と思いました。




















人からも自分からも

壊されるような感覚を感じることに

恐怖を感じているのではないか、と…。












自分の美しくない部分を見ることも

壊されるように感じるとしたら…

恐怖になるのかもしれません。















わ…とてもネガティブだな…sweat01と思いましたが

ふと…

それって……ただの甘さでは?

と思いました…sweat01











要は、着ぐるみを脱ぐ勇気が

足りないのでは?sweat01と…。
















見直しする必要があることを

いまだに怖いと思うのであれば、

どう考えても、甘さや甘えです。













…といって、

いまだにそこが消えていないとしたら

やはり、自分にとっては

大きな課題なのだろうと思います。
























素直さ、謙虚さ、純粋さが足りない、

傲慢さを無くすことができていないことに加え、

甘さや甘えが残っているからこそ

枠から出ることが難しいのでは?と…sweat02









それは、

自分の視野の狭さとも

関係しているような気がします。























そうであるならば、

もっともっと…

勇気が必要なのかもしれません。

単純ですが…

今の自分には大事なことのような気がします。










要らないところ…傲慢さ、甘さ










もっともっと必要なところ…

素直さ、謙虚さ、純粋さ…そして勇気。






















思えば、基本のところですよね…sweat01








とても遅いのですがsweat01

気が付かせていただいたことに感謝です。








改めることに全力を注ぎます…sign03















愛猫は、連日眠そうです。

起きていても目が半開き状態のような状態で…

しだいにコックリコックリ…sleepy始めます。

Dsc07755

「皆さま、お先におやすみニャさい…sleepy

2016年4月14日 (木)

信頼すること

こんばんはshine



















今日は、なぜかこれまでのこと…

この人生での色々なことが

やたらと思い出されました。














思い出そうとしたわけではないのですが

ぽろぽろと…

記憶の断片が思い出されてきた感じです。











そういえば…と思いました。














昔から、自分が悩んでいることを

人に相談することって、あまりなかったな…と。














大人になってからは特にそうですが

学生時代にも

「○○ちゃん(私のことです)は、

悩んでいる時は話してくれないで、いつも事後報告だよね。」

と言われたことをよく覚えています。










そう言われて始めて

…そうか、普通は悩んでいる最中に

相談するのか…と思ったのですsweat01













人の悩みは聞くくせにsweat01

自分が悩んでいることを人に話すという発想が

自分の中になかったような気がします。











ですが、もちろん

自分自身で解決していく力があったから…

ではありません。



















では、なぜそうだったのだろう?と

深く探っていくと…



















(人から)どう思われるか?を気にするところも

あったのだと思いますが…







それ以上に

akemiさんが書いて下さった

人に指摘されることに抵抗というものが

あったのかもしれない…と思いました。


















悩みを打ち明けて、さらけ出したことで

何かしら指摘されることに

抵抗感があったのでは…?sweat02と。。。














その元にあるのは…

人から何にも言われたくない、

という傲慢さ…ですね…sweat02




























また、

相手(人)を信頼する…ということも

できていなかった(いない)のかもしれない…

と思いました。















そして、

そういう自分自身を信頼することも…。


















信頼すること…




以前から思っていた大事な大事なことです。





自分の傲慢さとともに

そこも、もう少し深く見つめていく必要が

あるような気がしました。
































自分を重くさせているのは

そういった思考であることは…よくわかります。





















もやっと感じるもの…

自分を重くしているもの…







せっかくの変われるチャンスを

無駄にしないように…

目を逸らさず、しっかり見ていきます。














Dsc07741

「お読み下さり、ありがとうございました…bellshine

2016年4月13日 (水)

素直に、謙虚に、純粋に…

こんばんはshine



















昨夜は、

寝ようと横になり、目を瞑った途端

昨日のブログに書かせていただいたような

体感を感じ始めました。








それを覚えておこうと思っていたら…

どんどん体感が変わっていきましたeye







ふと気が付くと、

目の前の空間が大きな流れになっているような…

自分もその中に入っているような…

そんな感じがしてきました。




すると、

目の前がとても明るくなったのですが

その後のことは思い出せません…。






朝になって…









体感を通して

どんどん変わっていくこと、

その大切さを教えて下さっているのかもしれない…sweat02

と思いました。























どんどん変わっていくには…




素直さ、謙虚さ、純粋さ…




そういうものは必須だな…

と、つくづく思います。


















ずっと前から顧みてきたところですが…

私は、まだまだ…ですsweat02








そういうものが足りないと

自分の思考の重たい部分を

見直すことすら

重たいものになるような気がします。







もっと素直に、謙虚に、純粋に

見直しを進め、

もっともっと軽やかに…upなりたいです。





















今回のセッションで

本来の自分に繋げていただきました。











今、感じてみると

その時に感じさせていただいた感覚とは

変わってきているな…と思います。












本来の自分に

もっともっと馴染んでくるように…

変わっていきます。



























Dsc07745

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年4月12日 (火)

要らない思考の癖

こんばんはshine
















昨夜は、夜中に目が覚めました。

ふと気が付くと、身体に何かを感じていました。









背中の方から下に行っては…

そのまま上へ上がっているような体感を感じたり、

浮いているような感じもするけれど

それだけでもない…

これは…どう表現したらいいだろう?

上手く言葉にできないな…と思っていると

ふっと…

“空飛ぶじゅうたん”という言葉が浮かびました。





空飛ぶじゅうたんのようなものの上に

寝ている感じ…というのが近いかな…?






そう思いながら、少し緊張していましたが…

知らないうちに寝てしまったようでした…sweat01









































今日、

ある方とお話させていただいていると

途中から、お互いの家にいる動物の話に

花が咲きました。
















その方はワンちゃん、うちは猫。











動物の種類は違えど

共通することはたくさんあり、

今、お家にいるワンちゃんと一緒に暮らしたことで

さらに動物のことが好きになった…

と仰るその方の言葉に

ああ、よくわかるな…と思いました。













ですが、

話のついでに何気なく出たであろう

相手の方のある言葉に、

思わず反応している自分がいたのです。









それは、

ペットを飼ったことがないとわからないと思うけど…

という言葉、

よく耳にする、経験したことがないとわからないと思う…

という言葉でした。




























まさに、

自分の中にある思考だ…と思ったのです。

















経験してみないことには

(気持ちなどは)わからないだろう…という思考が

自分の中に残っているな…sweat02と思いました。















例えば、

人から何かを相談された時も

自分が経験していないことについては

わかったようなことは言えないと思っている自分。







同じような経験があったとしても

一人一人考え方も感じ方も違うはず…

わかる、と簡単には言えないと思っている自分。









それは、自分が他者に対して

思っていることでもあるわけです。

































その思考って…

とてもネガティブだな…sweat02と思いました。






そもそも、そんなことを考えることって

必要ないのでは?と…。


経験していないことは

わからないのは当然です。








同じような経験をしていても

その時の相手の気持ちが

完全にわかるとは言えないことも当然です。


























時に、

共感することの必要性を感じることがありますが

わかる・わからないは

それほど重要なことではないのでは?

本当に大切なのは、

そういうことではないのでは…?と思いました。


また、そういう思考が残ったままだと

どこか他者と自分を

線引きするような思考になるな…

みんな一つという意識からは

大きく外れる思考だな…とも。。。
























自分の中に残っている

要らない思考の癖だな…と思いました。







そういうものが

まだ残っているんだ…sweat02と。。。
















自分の中で

当たり前になっているようなことが

実は、まったく必要のないものであること…

他にもあるかもしれません。




集中して…見ていきます。

Dsc07740

「では……おやすみニャさいheart

2016年4月11日 (月)

心底嬉しいと思いました。

こんばんはshine





































昨夜は疲れていたようで

ブログを書いている時は

どうにもこうにも朦朧としてしまっていましたsweat01















一応、最後まで書いたものの

更新するのをやめようかな…と思ったくらいでした。





























ですが、今朝、読み返したら、

書きたいと思ったことだけは書けていたようでした…sweat01

(文章力がないのは相変わらずですがsweat01























自分の中では

少しだけ不思議な感じがしました。













というのも、以前は、ブログを書くのも

もの凄~~く時間がかかってしまっていたからです。

























休みの日は、

書くことだけで一日終わったこともありました。


























発信することには責任が伴うので

気を付けなければ…と、今も思っていますが

そういえば、この数日、以前に比べると、

するする…書いているような気がします。






























だとすると…




















(ブログを書くことに)

時間がかかった理由の一つは

やはり、自分の中で良く見せたいという思考が

働いていたからでは…?と。





















人に対して…もそうですが

よくよく考えると…

自分に対しても…だったのかもしれない

と思ったのです…sweat02







自分の至らないところを

真正面から見たくない…という思考、

(ある程度)できていると思いたい思考が

残っていたのではないか…

自分の中で

取り繕おうとするところがあったのでは…?

と思いました、


















今回のお電話でのセッションで

お伝え下さったことと繋がります。



































また…












昨日のブログに書かせていただきましたが

今回のセッションでakemiさんから

私がご指摘いただいたことなどを

昨日、いらして下さったお客さまに

お話させていただきました。
















といっても

私は、akemiさんがお話下さったことを

その時の自分の心情もまじえながら

お伝えしただけです。














ですが、お話をしているうちに

その方のお顔が

どんどん晴れやかになっていかれるのが

手に取るようにわかったのです。















その方は、

今の自分に必要な内容だった…

というようなことを仰って下さったのですが

そう思ってお伝えしたわけではありません。













ただ、口からポロポロッと出てきて

お話しただけなのです。




















ですが、後からあらためて思いました。
























そうか…

自分が言っていただいたことは

自分だけのことではないんだ…と。


















私の問題ではあるけれど

アドバイスいただいた内容は

自分だけのものではないんだ、と…

つくづく思ったのです。

















そして、

恥ずかしいことも正直にお伝えすることで

その時の相手の方に

(こちらにはわからないことも含め)

何かしらプラスの形になることも

あるのかもしれない、とも…。


















何というか…

ああ、こういうのっていいな…

本当に嬉しいなぁ…confidentshineと…








心底幸せな気持ちになりました。



















自分がいつも正直であれば、

思いがけず、伝わることも出てくるのかもしれません。
















いかなる時も正直に。







これこそ、80%や90%では全く別物です。















言っていることとやっていることが同じ

ということが当たり前であるように…。






フルオープンになれるよう…

改めていくべきことを見つめていきます。

Dsc07738

「お読み下さり、ありがとうございましたshine

2016年4月10日 (日)

共有すること

こんばんはshine








































昨夜は、横になって目を瞑ると

顔の頬あたりが少しピリピリ…してきました。




















すると、しだいに顔の至る所が

ピリピリではなく、

サワサワサワ…という感じに。。。







顔に何かを感じさせていただいたこと…

その感じ方も

初めてだったような気がします。














何かはわかりませんでしたが、

少し…ドキドキしました。。。


























自分に対しての言葉は

すべて素直に受け止める…




先日、

受けさせていただいたセッションで

この大事なことが、いかにできていなかったか…sweat02

を痛感しました。




















せっかく言って下さっている方に対し、

こちらが謙虚な姿勢ではなかったり、

何かしら不要なことを思っていたり、

その内容に納得がいかなかったり…。


















そういうことがあって

素直に受け止めることができたり、できなかったり…

になってしまっているんだ…sweat02

と思いました。
























気にするべきは

自分に対して言って下さっている言葉のみ。

























相手がどうのとか、納得がいく、いかないとか…

そういう思考になること自体、

原因を自分以外の人やものに

見い出しそうとしている証拠だな…sweat02

と思いました。

















指摘していただいているのに

いや、自分はできている…と思ったとしたら

それはあくまで傲慢な自己満足。

自意識過剰の(自分について)認識不足…というか。。。















(他者から)

まだ、何かしら指摘されるようであれば

…ああ、そうか、できていないんだ…

と謙虚に受け止め、

徹底的に変えていく努力をすること…です。




















素直に受け止めるようとするのではなく、

それを当たり前にすること。

















そういった話と

セッションを受けさせていただいている間、

自分ができていないと痛感したことなどを

今日のお客さまにお話しさせていただくと…













今の自分にも必要な内容だった…

というようなことを仰って下さいました。














ああ、共有することって大事なことだなぁ…と、

あらためて思わせていただきました。

















もちろん、それには、

自分をさらけ出すことが大前提…ですね。。。

































今日(9日です)のakemiさんのブログ

何度も読ませていただいています。







自分の欲望について

そして欲、願望を叶えるということについて…

真の豊かさ…

もう一度、しっかり見つめます…。



















すみません…

かなり朦朧としてきてしまいました。

変な文章になっていたら、申し訳ありませんsweat02














お読み下さり、ありがとうございました…shine




Dsc07728

「では…おやすみニャさい…shine

2016年4月 8日 (金)

無色になること

こんばんはshine
































今日の夕方、

仕事場でパソコンを開いた時のことです。












インターネットに繋いだ後、

少しの時間、席から離れていました。











席に戻り、パソコンの画面を見ると…

思わずびっくりeye

















どこもクリックしていないはずなのに

ある画面が表示されていたからです。




















それは、

インターネットの“お気に入り”という項目に

入れさせていただいていた

terra otto akemiさんのブログの

2014年3月7日『純真さを見ています。』

という記事でした。










……sign03







これは、まさに…と思いました。










そこで、そちらの記事を

再度じっくり読ませていただきました。


















私たちは、元々、純真だったはずだということ、

それが、周りの環境などにより

その人の色を持つようになるということ、

その色というのが、

その人の思考の癖、特徴というものであることを

書いて下さっていました。






















自分なりの色を付けて

物事や人の言動を見る・捉えるところ…















自分の中に残っていることを

痛感したことです。


















色付けしていくことで

純真さから離れていくことはよくわかっているのに

なぜ、そうしてしまうのだろう…?












私の場合、

そういうことこそ、ハートで判断することを

鈍らせることにも繋がっているな…sweat02と思いました。



















どうして色を付けるのだろう?

その元にあるものは…?














それは…やはり、要らない思考です。










そこを深く見ていくと…

ある時は、

比べたり、評価を気にする思考だったり、

またある時は、

自分の自尊心を尊重するような思考だったり…

(要は、プライドが傷つかないように…

というようなことでしょうか…sweat01

そういうことが多いような気がしました。




















ううう…sweat02

やはり、自分・自分…ですね。








まさに嫌なところです。



























嫌なところだからこそ、

深く見つめられなかったのであれば、

徹底的に深く深く見つめて

炙り出さないと、なくすことはできません。



















とことん炙り出して、なくしていくこと。

純真に近づいていくこと。












方向は定まっています。


















無色の純真に、一歩ずつでも確実に…

近づいていきたいです。




















お読み下さり、ありがとうございました…shine


Dsc07718

「では……おやすみニャさい…sleepy

2016年4月 7日 (木)

発想の転換

こんばんはshine




















今日は、夕方から気温は上がったもののup

風がビュービュー春の嵐のような天候になっています。










今夜で桜が散ってしまうかも…だなぁ

満開を楽しめたのがあっという間過ぎて、

少し寂しい感じがします。





























自分を深く見つめていると

フルオープンにはできていないのに

わかってもらいたい…と思っているところがあるなぁ…

と思いました。





わかってもらいたいと思う自分がいるからこそ

わかってもらえていない、わかってもらえそうもない、

と感じると

早々にシャッターを下げてしまう…

そういう思考の癖が

まだ残っているようです…bearingsweat02








随分と自分本位で勝手な考えです。



そもそも、わかってもらいたい、という思考が

どこかにあるうちは

自分、自分…が強く

自分のことより他人のこと、全体のことを…

という思考にはなりにくいような気がします。














akemiさん
が、よく仰っていますが

自分のことより全体のことを…が当たり前だと

自分のことはどうでもよくなるはずです。










また、私はまだ、

感情が揺り動かされることがあるな…

と思ったのですが

それも、自分・自分…というところと

大きく関係しているように思いました。













自分にとって

不都合なこと、不快なことが起きたり

そういうことを言われたりすると

感情が揺り動かされるのであれば、

やはり、自分・自分…なんだろうな…と。






(そもそも、それを不快に感じるのはなぜか?

自分の中にあるところだからではないか?

自分の思考を見なければいけませんが…。)

















いつも心乱されることなく、平常心。








クリアできていない自分をしっかり認め、

心の動きを繊細に見つめていきます。







話は変わりますが…







今夜、発想の転換…という言葉が浮かんだ

出来事がありました。












このところ、愛猫が

普段食べているキャットフードを

食べなくなってきていました。












おやつは食べるので、

食欲がないわけではないのですが、

キャットフードを変えた方がいいのかもね…

新しいの買わないとね、と夫と話していたんです。

(以前にも、何度かそういうことがあったのです。)

















キャットフードの総合栄養食は

塩分が少なく、

それほど味がないのではないかと思います。



おやつの方が(味があって)

断然美味しいのだろうなぁ…

と思っていました。
















すると、今夜…







台所の方で

カリカリカリカリ…音がしてきました。











何の音だろうと行ってみると

ペロッと舌なめずりしている愛猫の姿が…eyesweat01












「…えっ!?ももちゃん、何食べてるの!?」
















以前、食べなくなった総合栄養食のキャットフードが

そろそろ賞味期限が切れそうなのと

封が開いていたため、湿気てしまったかなと思ったので、

捨てるためにゴミ袋に入れて

台所に置いておいたのです。








すると…

まだ封を閉じていなかったため、

たぶん、匂いでそれを見つけた愛猫が食べていたんです。

しかも美味しそうに…sweat01

















いつもは、与えられたもの以外には

あまり興味を示さないので、

相当美味しく感じたのかもしれません。













いつものお皿に入れると

ガツガツ…と食べ始めました。















「これ…美味しい?

ももちゃん、昔、食べてたんだよ。」


一時、そのキャットフードを与えていたのですが

食べなくなったので、今のに変えたのです。















何の話かニャ?と言わんばかりに

とても満足げな顔をしている愛猫の顔を見て

思わず、ププッと笑ってしまいましたsweat01
















総合栄養食より

味のあるおやつの方が好きなんだろうな…

昔、食べなくなったものだし、

湿気たものは嫌だよね…と思っていましたが

それは、こちらの勝手な思い込みです。












そして…








発想の転換。









そんな言葉が浮かび、何かはっとしたのです。


















思い込みを捨て、発想を変えてみれば…

えっ!?と驚くようなこと、

思いがけず色々と試せること、楽めることなどが

たくさんある…。



















一つのことを見つめていると

そればかりになりがちな視野の狭い私へのsweat01

メッセージのようにも感じました。










ももちゃん、ありがとう…confidentheart

Dsc07719

「お読み下さり、ありがとうございました…cherry

2016年4月 6日 (水)

平常心と素直さ

こんばんはshine








































起きていても、横になっても

身体の感覚が変わっているのを

感じさせていただいています。









特に昨夜は、寝ようと横になると

その(横になったままの)状態で

身体が浮いているような感じがしました。
















ふわ~っと、というより、

床から少し上、一定の位置で浮いている感じで

しだいに、その状態が当たり前のような感覚に

なってきました。









































今日は、朝方に見た夢の一部を覚えていました。

















それは、まさに、

今日(6日)のakemiさんのブログに書いて下さった

何か心乱されるような事があっても、

それに影響されることなく、平常心でいられるか…

問われているような夢だったのは…?

と思いました。

























これは、夢の中のことですが

愛猫のおなかにこぶのようなものができ、

そのうちの1つが少し黒くなっているように見えるので

心配になり、

診てもらおうと動物病院に来ているようでした。



















女性の獣医さんが診て下さり、

ああ、これは何でもありませんよ、大丈夫です。

と仰ったので

私たち(夫と私です)はほっとしています。




















すると、少し経ってから

その獣医さんが、急に

…いやぁ、どうかな~…?やっぱり…

癌かもしれないなぁ…う~ん…

と軽い感じで仰り始めたのですsweat01
















…えっ!?癌?shock

なんでそんなに軽く言えるの!?

さっきは、大丈夫と言っていたのに…sweat01


と思っている私。




















ショックとともに心配というもので

頭の中はいっぱいになっていました。



















そこで、はっと目が覚めました。
























目が覚めてから、夢だったことに

心底ホッとするのとともに…












今の夢、普段の自分の心配するという

ネガティブな思考が思い切り出ちゃっていたなぁ…sweat02

と思いました。


















愛猫の身体のことは

どうしても、

いつも心配になってしまっていたのです。























今、元気なのに

何を心配する必要があるのだろう…sweat01

つくづく、そう思いました。

























ですが、

今日(6日)のakemiさんのブログを読ませていただいて、

あっ、今朝、見た夢は…

それだけではないんだ…となりました。


















(その夢を)振り返れば、

ショックや心配というだけでなく

自分の中に、軽く診断されたように感じた

獣医さんに対しての怒りというのも生まれていたな…sweat02

と思ったのです。





















つまり、相手の反応にも思い切り心乱され、

それが、平常心ではいられなかった

一つの大きな要因になっていたんだ…と。。。











相手の反応に心乱される…



















むしろ、私にとっては、

このことが大きな問題では…?

と思いました。

















相手の反応を見てしまう自分、

それで平常心でいられなくなる普段の自分を

問われているように感じたのです。


































今回、受けさせていただいたセッションで

素直ということがいかに重要か、

自分は素直さも足りない…と強く感じたのですが

それは、そのこととも繋がるような気がします。


















素直ということはどういうことか、

あらためて考えてみると…

すべての物事や人の言動、

人からの言葉を

自分なりの色をつけないで見ること、捉えることが

できるということ。










素直であれば、

相手の反応というものに意識がいくことなく

言葉そのままを受け取ることができるはずです。
























では、自分は…というと、

自分なりの色をつけて見る、捉えることが

いかに普通のことになっていたか…

そして、今もまだそういう傾向があるなぁ…sweat01

と、ヒシヒシ感じたのです。

















素直ではない自分だからこそ、

相手の反応に心乱され、

平常心ではいられなくなるのでは…と。。。















そして、そんな重要な部分を

私は見たくなかったんだな…sweat02

とも思いました。



















そこを見なくては、

自分の枠からは、決して出られません。
























また、

そういう部分を持ったままでは

同じく、今日(6日)ののブログに書いて下さった

フルオープンにはできないでしょう…。







新しい地球では、

それ(フルオープン)が普通になることも

セッションでお話し下さいました。












自分で色付けをして捉えているような思考を

フルオープンにしたとしたら………

想像しただけでもぞっとします…shock








自分のまだまだなところ…

すべてが繋がってきています。


本当に遅い…bearing

自分に突っ込みを入れていますがsweat01

気が付かせていただいてありがたいです。






深く見つめ、反省したら…

変えていくのみです。




















(上記の赤文字はすべて

akemiさんのブログ 4/6『何が閉じようとしている?』より

抜粋させていただきました。ありがとうございました。)



















相変わらず元気でマイペースな愛猫です…
shine

Dsc07724

「お読み下さり、ありがとうございました…clover

2016年4月 5日 (火)

大きな課題と向き合います。

こんばんはshine







































昨日、受けさせていただいたセッションの中で

私にとって、大きな課題なんだ…sweat02

と思ったことについて

書かせていただこうと思います。











セッションの途中で

akemiさんが、

今の私に必要な情報を取って下さいました。

























それは、思いもよらないものでした。

















(私が)自分の世界を創りたいと思っている…

という内容だったのです。














最初は、「…えッ?sweat01」となりました。





















その後、すぐに

自分の世界を創るって…いったい何?sweat01

と焦り始めました。
















意識の上では、

そんなことは思っていないのに…sweat01

と思ったのです。






















ですが、akemiさん

色々とお話をさせていただいているうちに

(というか、かなり動揺しながら話してしまいましたsweat01

akemiさん、すみませんsweat01

それが、本当にはさらけ出すことができていないところ

(評価を気にするところ)や

腑に落とせていないことがあるということに

繋がっているのだ…sweat02となりました。



















そう思って初めて

ああ、確かに…そうなのかもしれない…sweat02

と思ったのです。



















やはり、自分では

気が付くことができていない、

しかも、認めることができないことだったのです。

















セッション中、akemiさんは、

終始、明るく、楽しくお話して下さって、

たくさん笑わせていただきup

そのことについても、

色々な例を挙げて、アドバイスを下さったのですが…








セッション後、

そのことは、私の中には重たく残ってしまい、

整理できずにいたのです…shock
















今日になって…

いや、そんなことじゃいけないsign03

自分なりにとことん考えてみよう…と思い、

整理していると…












……ん?



となりました。








だったら、

そこを変えればいいんじゃないの?



となったのですsweat01











答えはシンプルなのに、

何を重たく考えていたのか…wobbly













重たく受け止める…

それも、まだ自分の癖なんだ…bearingsweat02

と思いました。










四の五の言わず、それを認め、

変えていけばいいだけのこと。











そのために、わざわざ情報を取って下さり、

アドバイスを下さったのだから…。






















今、そういうことが出てくるなんて

やはり、大きな課題なんだ…と思いました。























それこそ、一番見たくない自分、

認めたくないところだったのだ…と。。。












私の魂は、

当然、新しい地球に行きたいsign03

と、深く、深く…望んでいるだと思いますが

どこかで、

自分の価値観という枠の中にいたい…

そういうヌクヌクと甘えた自分、

それが心地よいのでは?

と勘違いしているような自分が

いまだにいたのではないか…sweat01と思いました。



























今回、受けさせていただいたセッションで

自分のネットワークを感じてみると

何か…あまりわからない感じでした。























また、循環システムを感じてみると

最初は、自分から上へ上がっていかない感じ。






それも、きっと

情報を取っていただいた内容と関係しているのだな…と

後になって思ったのです。

















まずは、自分を認め、受け入れないと

変えていくことはできません。



























絶対に新しい地球に行くんだsign03と強い信念を持ち、

自分の枠から出ようと思います。












いえ、絶対に出ますsign03

























セッションの中で

本来の自分と繋げるということを

していただいたからか…










今、身体が違った感覚を感じさせていただいています。






ありがたいです…weep






















今夜は、

夫がセッションを受けさせていただきました。








終わってからノートを見返しながら

色々と話しましたconfident

















akemiさん、
本当にありがとうございました…shine

























今夜のセッション中も、夫の傍で寝ていたももちゃんcherry

Dsc07721

「お読み下さり、ありがとうございました…ニャぁshine

2016年4月 4日 (月)

terra otto akemiさんの個人セッションを受けさせていただきました。

こんばんはshine
































今日、terra otto akemiさんの

お電話による個人セッションを受けさせていただきました。








今回も、

私たちに必要なことだと即判断、即行動して下さり、

大変貴重なアドバイスを下さったakemiさん…

そして、メールのやりとりや調整などが

大変でいらっしゃると思いますがsweat01

ご予約の受付をして下さっているtomokoさん…






本当にありがとうございました…shine













これまで受けさせていただいた、

どのセッションとも違う

私にとって、

とてもとても意味深いセッションでした。








今回のセッションは、

その方その方に必要な内容にして下さるのかな

と思いますが…








私の場合は、

自分のネットワークや循環システムを感じてみたり、

本来の自分に繋げていただいたり、

今の私に必要な情報を取っていただいたり、

アドバイスをいただきました。





















主に感じさせていただいたこと、

気が付かせていただいたことを

書かせていただこうと思います。



































一番強く感じたのは、

私は、まだまだ、自分の中にあるものを

客観的に見ることが徹底できていない…sweat02

ということでした。









お話させていただいているうちに

まだ、人の言動に対して感情が動く自分を痛感したり、

以前、いただいたアドバイスから

(自分を)さらけ出しているつもりでいましたが

そうできていない…

おそらく評価のようなものが

気になっている自分がまだいるんだ…sweat02

と気が付かせていただいたり。









頭だけでの理解で

腑に落とせていないことがあることも

ヒシヒシ感じたのです。





本来、それは、自分自身で

気が付かなければいけないこと。











申し訳なくも、ありがたく…思いました。



















akemiさん
がアドバイス下さっている

思考のことは、

本来、akemiさんご自身にはないところ。




自分にないところは理解ができないため、

私たちの思考(の傾向)を理解し、

何とかできないかと思って下さり、

ヒプノセラピーを学ぼうとして下さったんだな…

ということも

お話させていただきながら、あらためて感じ、

申し訳なくて、仕方がなくなりました。










何というか…

その想いが伝わって来て…

涙が出てしまいました…weep






何とかお応えしたい…と、強く思いました。






















これまでのことすべてそうですが

いつも全体のこと、私たちのことを優先して下さり、

動いて下さっています。


















ありがたく思うのなら

今日のセッションで自分自身が

気が付かせていただいたことと

しっかり向き合い、変えていくしかありません。























素直さ、純粋さ、そして熱意も…

私は、まだまだ足りないのだ…と思いますbearing












しっかり自覚し、熱を持って取り組まなければ

別物に変えられるわけがありません。









熱を持って…

真剣に取り組ませていただきます。


本当に、本当にありがとうございました…shine





Dsc07569

セッションを受けさせていただいている間、

ずっと隣で寝ていたももちゃんですconfident

2016年4月 3日 (日)

terra otto akemiさんのお電話による個人セッション

こんばんはshine





































今日(3日)のterra otto akemiさんのブログ

お電話による個人セッションのお申し込み受付

のご案内を書いて下さっていました。







これまで

アセンション又はミレニアムセッションを

お受けになられた方だけでなく、

セッションをお受けになられたことがない方

対象として下さっています…shine








セッションを受けさせていただいた時の感動や

感じさせていただいたことは、

これまでにも書かせていただいてきましたが

どうにもこうにも

言葉ではお伝えしきれません…。


















以前から気になっていらした方、

何か心惹かれる…という方、

普段からakemiさんのブログをお読みになられている方…














是非とも、このチャンスに

ほんの少し勇気を出して、ご連絡なさってみて下さい。











どうか、お早めに……shine
























次の段階に進む、その時を迎えたようです。

と、akemiさんが書いて下さっていました。




思わず、息をゴクンと吞み

背筋が伸びました。
















新たな場は、

自分の心をそのまま映し出す世界…











だからこそ、この世界において

その場に合うような意識(思考)や感覚に

しっかり変わっておかなければ…

と強く感じます。










もっともっと繊細な感覚を持ち、

感覚を研ぎ澄ましていかなければ…。







していただいていることに

心の底から感謝しながら…














その深く尊い想いに、何とかお応えできるよう…

しっかり変わっていきたいです…shine



Dsc07713

「お読み下さり、ありがとうございました…cat

昨夜の体験から

こんばんはshine






















昨夜のことです。













布団に入って目を瞑ると…










部屋(寝室)に

心地よい音楽が流れてきたので

あっ、○○(夫)がCDをかけてくれたんだ…

と思いました。








この曲好きだなぁ…confident

と思いながら聴いていたのですが

BGMとしては少し音が大きいかなと思い、

夫に「少し音が大きくない?」と話しかけました。








その時…はっeye





そして…

えっ…???となりました。















布団に入り、目を瞑ったまでは

実際のことですが

気が付くと、部屋の中に音楽など流れていなくsweat01

(そもそも、そういう機器なども置いていません)

夫に話しかけたりもしていなかったのです…sweat01







一瞬、状況を飲み込めませんでした。










目を瞑ってからわりとすぐに

曲が聴こえてきたような気がしたのと

夢を見た感覚とはまるで違うような

感じがしたからです。














…今のって……?









少し考えていると

そのうち、眠ってしまったようですが…sweat01

朝になっても、

その時の感覚が残っているような気がしました。











また…

昨夜はそれでは終わらず、

もう一度、目が覚めたんです。












夜中か朝方かは定かではありませんが

ふと気が付くと、目の前に

前方斜め上…かなり上の方まで

透明のトンネルのような枠というか壁が続いていて

その中を、自分が

凄い勢いで上がっていくところでしたup












凄い速さなのですが、

通り過ぎる時に

その壁(枠?)のように見えるものが

視界に入ってきました。












それをじっと見てみると…

割と分厚い…ガラスのような美しいもので

できているように見えました。











繊細ながら

一枚一枚がしっかり重なっていて

もの凄くしっかりできているような印象でした。














ですが、

そのトンネル(のようなもの)を通り過ぎる時、

あれっ?となりました。
















トンネルの最後の部分が

ほんの少し欠けているように見えたからです。








凄い勢いで上がっていっているので

一瞬しか見えなかったのですが

たぶん、最後の部分だったと思います。












通り過ぎてから

今のって…欠けていたのかな…?

それとも、まだ創られていない部分…?


などと思ったことを覚えています。











その後も

色々な体感を感じさせていただいたように思いますが…





はっきり思い出せるのは、その場面だけでした。








朝、目が覚めて…

欠けているように見えたことが気になりました。

















まだ、気が付かなければいけないことがある…

ということかな…?sweat02










気を引き締めて、

しっかり見直さないと…と。。。










今日、

いまだに自分の中に残る

ネガティブなものを見直していると

依存・執着というものが、再度気になりました。










完全に無くすことが

できていないように感じます…bearing








近しい人に対する依存・執着…








まだ、残っているような気がしますsweat02











またそれが、心配というものにも

繋がっているような気もするのです。










依存・執着…心配…


とても重たいですsweat02






















なぜ、依存・執着するのか…?


どうしたら、無くすことができるのか…?










もう一度、丁寧に…しっかり見直します。









そして、

まだ気が付いていないこと、

腑に落とせていないことは…?








見落としていることがないように…

完全に別物になれるように…
















引き続き、見つめていきます。

Dsc07701

「お読み下さり、ありがとうございましたleoshine

2016年4月 2日 (土)

ありがたさとともに…

こんばんはshine


























昨夜は、布団に入ってから少し経つと

隣の部屋から

「ニャオーン、ニャオーン…ニャオーン…」と

愛猫の鳴く声が聞こえました。








以前から書かせていただいていますが

愛猫はめったに鳴くことはありません。










3回も鳴いたので、

一瞬、外にいる猫ちゃんかと思ったのですが

隣にいる夫に「今のって…ももちゃん?」と聞くと

「うん…そうみたいだね。」と夫。













このシチュエーションって…

以前にも何回かあったな…と思いました。






思い返せば、愛猫が夜に鳴くのは

私が不思議な体験をさせていただく時が

多かったのです。






気になったので

即座に起き、愛猫のいる部屋に行くと…



いきなり、電気を点けたせいで

眩しかったのか目をしばしばさせている

愛猫の姿がありました。


「ももちゃん、どうしたの?」と言いながら

頭を撫でると…

愛猫は、はっと我に返ったような顔に…。






しっぽをフンフンと軽く振っていたので

まだ、少し興奮気味のようでした。









しばらく身体を撫でていると、

落ち着いてきたようなので、寝室に戻ったのですが…













やっぱり、前の時と同じだな…

今夜は…何かあるのかな…

と思いながら、眠りにつきました。



といって、

その後は、目が覚めることなく

気が付くと、朝を迎えていました…sweat01













ですが、今日は…

感覚としてフワ~~ン…としているけれど

身体はサクサク動ける…という感覚、

明らかに何かが違うように感じていました。







今日(1日)のakemiさんのブログ
を読ませていただいて

…ああ、そうなのかぁ…shineとなりました。






私たちが、

それぞれの意識に適した場に

移行することができたことを書いて下さっていて

思わず…じ~~ん……weep

















自分の周波数に同調してみると…







身体ごと持ち上がっていきそうな

フワ~~ン…と軽い感じに…。

(自分なりの感じ方ですsweat01










ああ、ありがたいなぁ…weepshine

しみじみ思いました。。。



















と同時に

これまで以上に、責任というものも

ヒシヒシ…噛み締めています。

















調和と友好。







基本のことが

当たり前に身についているように…





そして、循環システムに加わることを

当たり前にしていくこと…。












まだまだである自覚、

そして溢れる感謝とともに

ずっとずっと…ず~っと

成長することを目指していきたいです。













ありがとうございました…shine














昨夜の愛猫は、
何かが見えていたか、

何かを感じていたのでしょうか…confident

Dsc07711

「お読み下さり、ありがとうございましたribbon

2016年4月 1日 (金)

自分の感謝を…

こんばんはshine





























昨夜の夜中か、今日の朝方のことです。











ふと目が覚め、ウトウトしていると、

上に上がっていく直前のような感じがしてきました。













我に返り、少しドキドキしていると…

そういえば、この場も何か違う…?

寝ているであろう場が

変わっているような感じがしました。







すると、その時

自分の身体が、上へ上がっていくのではなく

その場にいながら(だと思うのですが)

どんどん大きく拡がっていくような感覚が…。




肉体だけでなく、エネルギー体も含めた

身体全体が大きく大きく

どこまでも拡がっていくように感じました。







と同時に

肉体の感覚がどんどんなくなっていき、

そのまま、その場と一体化するような感覚も…。









心の中で

うわ~…と思いながら

何とも言えない心地よさを感じさせていただいていると…








言葉では言い表せないような感謝の気持ちが

溢れてきましたweepshine









そして、

感謝を感じさせていただけることに対しても

こんなにも幸せなことなんだ…と。。。










そのまま眠ってしまったのかsweat01

覚えているのはそこだけなのですが…























今日、akemiさんのブログを読ませていただいて

ハッとしました。








これほどサポートしていただいて

まだまだながらも

溢れるような感謝を感じているのに

私は、まだまだ循環させることができていない…sweat01










昨夜、感じさせていただいた感謝は

そういうことを問われていたのでは…?

と思ったのです。



自分の中の

自分がしていただいて

ありがたいと思ったことを他の方にも…

という気持ち。

その考え自体もその範囲も狭いんだ…

まだまだ限定しているんだ…sweat02と思いました。












とても恥ずかしいことですsweat02






















自分の感謝を循環させること。
















そのためにも、限定しない。

小さな範囲で考えない…ということ。









もう一度、しっかり腑に落とします。







Dsc07691

「お読み下さり、ありがとうございました…snail

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ