« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

しっかり見つめること

こんばんはshine








今日は…

特に夕方くらいからでしょうか、

エネルギーがとても強いように感じていました。






夜になり、愛猫が珍しく

寝室である和室に行ったまま

なかなか戻ってきませんでした。





猫は、本能的に

寝る場所を何度も変えるのが習性のようで

愛猫も、何時間も一箇所に留まって

寝ていることは、まずないのですが…







部屋を覗くと、

ずっと眠っているようでした。





















気になって部屋の中に入っていくと…

 

 



寝室のエネルギーが

驚くほど強いように感じました。













akemiさん
にいただいた石を

置かせていただいているからかな…

と思ったのですが、

いつにも増して…というか

これまで感じたことがないほど…だったのです。



ああ、そうか…

この(エネルギーの)中にいたから

ずっと寝ていたんだ…と思いながら

愛猫のそばにいると

身体に微細な振動を感じ…

私まで眠くなってきて…

うたた寝をしてしまいました。











また…


このところ、また部屋の中で

キラッとする光を見ることが増えているな…

と思っていたのですが…

今日はまた頻繁に見えていて…

やはり、急ぐよう促されているのだ…


緊張感がさらに高まっています。
























自分の中に根深くあると気付いた…






人からどう思われるかを気にする

(自分のいいように思われたい)




という思考を、自分の中で整理しながら

再度見つめています。











今日、あらためて強く思ったのは…

そういうものが根本にあると…

正直ではなくなっていくな…sweat02

ということでした。














少しでも良く思われたいと思うことは…

“正直”という大切なことからは

遠のいていってしまうことなんだ…bearingと。。。










何が大切か…






100%正直であること…です。




本当に、とても重要なこと…。







何が大切か…腑に落とし

改めていくことに

しっかり繋げていきます。




また…




今日(28日)のakemiさんのブログ
に書いて下さったこと…

自分が安心する為に

自分が本当に見つめなければばらないものから

目を逸らせようとする自分の傾向はないでしょうか。

akemiさんのブログ 2/28『昨夜の寝入りばなの体験』より

一部抜粋させていただきました。)




まさに、

そういう傾向が自分の中にありましたsweat02





感じられるからといって

アセンションできているわけではないこと、

そういうことで

安心することの無意味さを

以前、痛感しました。


そもそも、

安心したいという思考が

自分の中にしっかりあることも…。









そういう傾向を

今も、まだ持ってしまっているのか…wobblysweat02




もう一度見つめ直します。





気を引き締めて

自分が見つめるべきことを

目を逸らさず、しっかり見ていきます。

Dsc07485

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年2月28日 (日)

自分のエネルギーを感じてみました。

こんばんはshine





























今日(27日)のakemiさんのブログ
に書いて下さった

本来の自分のエネルギーを“無”の状態で

感じさせていただきました。




自分が描いた円を見た瞬間、

クラッとするほど強いエネルギーを感じ、

ハートが反応し出しました。















思わず目を瞑ってしまいそうになりましたが、

そこはこらえてsweat01

“無”の状態で30秒見ていると…

クラッとするエネルギーとともに

自分の身体が右回りに廻りながらtyphoon

そのまま上へup

上がっていきそうな感覚を覚えました。








(30秒見たのちに)目を瞑ると…

目の前いっぱいに白っぽい光が…。



全体的には、

フワッフワッと軽い感じupがして…






とても嬉しく、ありがたく…

感じさせていただきました。






















“無”の状態で

本来の自分のその時のエネルギーを知る…












教えていただき、ありがとうございます…shine


















根本的な思考の見直しとともに

自分の信じる力や畏敬の念、感謝の度数など

とても大事なことだと思うところを

再度顧みています。



















まだ、きっと

気が付くことができていないことがあるはず…sweat02

と思いながら、緊張感を持って…。
















今は、

本当に貴重な時間だと思います…。

















真の純粋に近づいていけるよう

目を逸らさず、しっかり見つめていきます。




























とても遅い時間の更新…

そして、短い文章になってしまい、

申し訳ありません…sweat01









お読み下さり、ありがとうございました…shine








Dsc07496

「では…おやすみニャさい…apple

2016年2月27日 (土)

根本的な考え方

こんばんはshine


















昨夜も

横になる前から強いエネルギーを感じ、

布団に入るとすぐに

身体が大きく廻っているようにtyphoon感じました。













これまで、

廻っているように感じた時は

横になってから徐々に…という感じだったのが

横になった瞬間、

大きく廻っている…と感じたのは

初めてのような気がしました。







思わず、隣にいる夫に、

「今日はまた凄い…もう廻ってる…。」

と、つぶやいていました。





そのうち

耳の奥に音が響き始め…

目の前にユラユラが見えたと思ったら

このまま上に上がっていくのでは…?up

という感覚を身体に感じました。











その後すぐに

愛猫が頭の上に来たのまでは覚えているのですが…

知らない間に眠ってしまったようでした。










そして…

今朝、少しだけビジョンが見えてきたのですが…

それがどういうものか…

よくわからなかったんです。











見え方がいつものように

四角いスクリーンだったり全画面ではなく、

目の前の真ん中が丸い窓のようになっていて

そこだけ見えていました。







見えたのは

先頭部が尖った形の鉄道車両。







近未来的な感じがする…

リニアモーターカーのような列車でした。








しかも、

その車体の色は、とても綺麗なピンク色eye








明らかに、初めて見る光景だったこと、

その色が何とも斬新で美しかったことが

とても印象的だったのですが…








どういう意味があるのか…

はたまた、ないのか…

すみませんsweat01よくわからないままで

迷いましたが、書かせていただきました。。。





























自分の根本的な考え方の見直しを

続けています。





昨年の2月、akemiさん

自分の魂に刻まれたものを見ていただき、

書き換えるということをさせていただきました。







その際、

自分の思い通りになることが

いいことではないということ、

すべては気付きのために起こっているということを

腑に落とすことが

私には重要なことだということを

教えていただきました。











そこを深く見つめていくと…






今世、私は思い通りにしたいという思考が

強かったのではないか…sweat02と思いました。







そんな自分が

嫌になりそうになりましたがsweat01

そこを徹底的に見つめ、

一つ一つ書き換えをしてきました。








ですが…












ここしばらく、

夫に対する自分を見つめていると…

はっとしたのです。


























私の中に、

そういう(思い通りにしたいという)思考が

夫に対して、夫とともに創っていくものに対して

強く残っていたのでは…?

と思ったからです…bearing










そういうところがまだ残っていたなんて

傲慢極まりなくsweat01

そんな考えがあること自体

本当に恥ずかしいのですが…sweat02















そこを見ずしては、先に進めないように感じ、

徹底的に見つめるに至っています。






そういうところが

自分の根本的な考え方にあることを自覚し、

変えようとしない限り

本当に変わることはできないのだ…

と思います。








引き続き、

根本にある思考を深く見つめます。
























今日(26日)のakemiさんのブログ

自動書記で書いて下さった

信じる力…。









その力が

とても大事だということは

何度もお伝え下さっていますが…











私は、しっかり理解できていただろうか…?

そして、私の信じる力は…?









とても、とても、大事なこと…







申し訳ありません…






もう一度、しっかり自分に問うていきます。

Dsc07490

「お読み下さり、ありがとうございました…heart01

2016年2月25日 (木)

何が大切なのか?

こんばんはshine
































昨日(24日)と

今日(25日)のakemiさんのブログ

何度も、何度も…読ませていただいています。















ジ~~~ン…と沁みて…

言葉にしたいことがたくさんありますが…

すみません…sweat02上手く言葉にできません。。。


































ものすごく長い時間

お待たせしてしまっていることがわかりながらも

なかなか変われなかった自分の傲慢さbearing











それは、

自分のどういう思考にあるのか…?














ずっと、探って探って…

探ってきたように思っていましたが

どこか、その本丸というか

核心は避けていたのではないか…sweat02

と思います。







それは、夫に対しての自分を

見つめ直す度にはっとし…sweat01

気が付いたことで

ようやく整理することができてきました。












何が大切なのか…?

私は、見失っていたのだ…bearingと思います。





















徹底的に、そこを見つめなければ、

決して変わることができなかったのです。



(今もまだまだ…ではありますが…sweat01














目指すのは、純粋である。

akemiさんのブログ 2/24『魂がOKを出した日』より

一部抜粋させていただきました。)




あらためて深く…響いています。



















これまでも

何度もお伝え下さっていたことですが…

今は、純粋であることが

以前より、

はるか遠いもののように感じてしまいますsweat01





ですが、

そういう自分に気が付かせていただいたことが

本当にありがたいこと…

何より得難い財産…shineなんです。








だからこそ、道のりは長くとも

真に純粋に近づいていきたい…up

強く、そう思います。















私のネットワークは、

まだまだ活発に動いているとは言えません。

行動が伴っていない証拠です…sweat02















そのこともしっかり自覚し、

ネットワークを活発にしていけるよう

即行動に移していくこと…












そして、純粋に近づいていけるよう…




見直しを続けていきます。









すみません…sweat01

やっぱり上手に言葉にできていませんが…







本当に…本当に…本当に…

ありがとうございます…shine



Dsc07493

「ありがとうございました…shine

2016年2月24日 (水)

目と目で…

こんばんはshine

















































akemiさん
がご提案下さったおかげで

自分のネットワークを感じてみたからでしょうか…

昨夜は真夜中に目が覚め、

見えてきたビジョンがありました。






何か…美しく光っているものが

目の前…というか、自分を取り囲むように

たくさんあるように見えました。














それらは、パズルのピースのように

三角だったり、四角だったり

台形だったり、菱型だったり…

ありとあらゆる形をしていて…

(パズルのように)

合わさったような状態になっています。








一つ一つ違う色で

全体ではたくさんの色があったのですが、

どれも優しく、美しく、繊細な感じがしました。




最初は、

静止した状態なのかと思ったのですが

よく見ると、全体も、そのピース自体も

どんどん形を変えていっていて

全体が大きく大きく動いているように感じました。








私は、それを見ているのか、

その中を進んでいるのか…はわからないのですが

イメージとしては

巨大な万華鏡のようなパズルの中に

いる感じでしょうか…。




上手に説明できないのがはがゆいですが…sweat01

見ていると、ワクワクしながらも

ジ~~ン…と沁みてくるような光景でした。












そして、今日も

自分のネットワークを感じてみています。


変わってきているように感じましたeyeflair















また…

akemiさんがご提案下さった方法も

早速、試させていただくと…

自分の中で大きなことが

OKのようでした…shine












自分からの声を

ちゃんとキャッチできれば、

そういう方法は必要なくなることも

しっかり噛み締めながら…

ありがたく使わせていただきます。




ありがとうございます…shine



































お話を変えさせていただきますねclover
















今朝、仕事に行く前に大事な用事があり、

ある場所に電車で行ったのですが…

そこに行くのは10数年ぶりくらい。

街並みが驚くほど様変わりしていました。








駅から10分くらいのところにあるビルの中で

用事を済ませ、

その建物から出て歩いていると…

…あれ?この道でよかったっけ?

となりました。









用事があったビルから

勢いよく出たのはいいのですが

どうも、来た時(行き)とは

違う道を歩いていたらしいのです…sweat01










十字路になっているところが見え、

ちょうど前からこられた女性がいらしたので

思わず、お声を掛けさせていただきましたsweat01













「すみません…sweat01

○○駅はこちらの方角ですか?」

と伺うと、その方が

「あっ、そこを左に曲がって

ずっと真っ直ぐに行くと駅に着きますよ。」

丁寧に教えて下さいました。








その上、

左に曲がって道が真っ直ぐということを

一緒に確認しようとして下さったのか

私が行く方へ

三歩四歩…一緒に歩いて下さったのです。








「あっsweat01ありがとうございます!ここで大丈夫です!」

恐縮しながらお礼を言うと

マスクをしておられたその方の目が

しっかり三日月型に…。









にっこりと満面の笑顔になって下さったのが

わかりました。








その目が、

何とも言えず柔らかくて優しくて深くて…

思わずほっこり…confidentspa

心まであったかくなるような気がして…

こちらも目も思わず三日月に…。






それはもう、

反射的にそうなった感じでした。
















交わした会話はとても短いものでしたが

それ以上に、

目と目でお話をさせていただいたような…

そんな気がして

ふっと…

ああ、こういうのっていいなぁ…heart01と。。。







言葉は交わさなくても

何かあったかいものが伝わる…








そういう関係っていいな…

皆が自然とそうしあえたら、どんなにいいだろう…


そんなことを思いました。















ですが…

いや、それには、自分が

そういう人(言葉に出さずとも

あったかいものを伝えられるような人)にならないと…sweat01

ということも、つくづく思ったんです。。。









深く、あったかい目…












とても印象に残り…

感じさせていただいた方に心から感謝しました。



























それと…

道を間違えないように…!

というメッセージでもあったのかも…

とも…思ったんですsweat01






道を間違えないよう…

自分からの声をキャッチできるように…


引き続き、見つめていきます。。。

Dsc07480

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年2月23日 (火)

自分のネットワーク

こんばんはshine













昨夜は、横になる前から

両耳の奥の方で音が響いていました。











布団に入り、横になると、

それがより顕著に感じられ

右耳と左耳に聴こえる音が違っているように

感じました。





ここ最近では、

一番大きく響いているような気がして

少しドキドキしていると…





そのうち、自分の身体が

どうなっているかわからないような動きをし始め…

(実際に…ではなく、体感として感じていたことです)

一瞬でどこか違う場にいるような…

不思議な感じがしてきました。



そのうち、知らない間に

眠ってしまっていたようでしたが…sweat01





その体感は、とても深く繊細というか…

これまで感じさせていただいたものとも

また違うような気がしました。






何というか…

強力に促されているような…

急ぐよう発破をかけていただいているような…

そんな気がして…sweat01

いっそう背筋が伸びる思いがしています。



























































今日(22日)のakemiさんのブログ
に書いて下さった

自分のネットワークを

感じさせていただきました。
















今夜、夫と一緒に

お互いのネットワークも感じてみたのですが…

それぞれの拡がりは感じられました。








ですが…

私のは、やはり速度がゆっくりのように感じましたsweat02











まだまだ、勢いも、

拡がり方もめいっぱい…という感じではありません。





では、それはなぜか?

どうすれば、変えていけるのか…?です。















いまだに

この世界のことに振り回されていないか…?








即行動できていなかったり

優先順位が違っていることはないか…?

気になるところを重点的に見ています。







また…


自分のことより人(全体)のために…という想い、

何が何でも…という熱さ…



そういうことも

大きく関係しているのではないかと思います。
















だからこそ…




全体意識を高めること。

自分のネガティブな部分をクリアにすること。





ぶれずに、やるべきことに

集中していきます。






お読み下さり、ありがとうございましたshine






ピンクの地肌が見えている愛猫の
おなか。

思わず触りたくなるのですが、

こんな格好をしている時は大チャンスflair

Dsc07478_3

不意に夫に触られ…

Dsc07479_4

「………。」 思わず固まってます…wink

2016年2月21日 (日)

捉え方を変える工夫

こんばんはshine
















自分の捉え方、考え方を

楽しいものにするためには…と考えていて

ちょっと、う~ん…sweat01と行き詰まった時に

ふと思い出したことがありました。









それは、

以前に聞いた友人の言葉でした。





当時、なぜ、そういう話になったのかは

忘れましたが、

自分にとって抱えきれないような

ショックなことがあった場合

どのように受け入れ、昇華していくか…

というような話をしていたのだと思います。









すると、彼女は

「極限になりそうだったら

“私はドラマの主人公なんだ!”と思うようにする。」

…即答でした。





起きた現実は、ドラマの世界の話で、

自分はその主人公だと思うようにする…

いうことのようです。










(それを実践すると)

一瞬、衝撃や悲しみのド真ん中にいる自分から離れ、

その状況や自分の感情などを

客観的に観れるようになる、というようなことを…

言葉は少し違うかもしれませんが、

言っていたように思います。










そして、

これは、一種の逃げかもしれないけどね、

という言葉も付け加えていたことを

覚えています。









その時の私にとっては、

意外な答え…というか発想だったのでsweat01

なぜそうしようと思ったの?と聞くと

もともとは何かの本で読んだのだそうです。




確かに、それ自体は

友人のいう逃げというものになるのかもしれません。






ですが、

受け入れづらいことを受け入れ、乗り越える為に

色々な方法を試みているんだな…

そういう発想の転換は面白いな…

当時、そんなふうに思ったような記憶があります。




























今になって、そのことを思い出しながら

何かヒントにならないかな…と

上記の友人の言葉を書いていると…






現実は、自分の思考が造り出した世界の話で

自分はその作者兼主人公。





そんな言葉が浮かびました。









いえ、浮かんだというより

単に、友人の言葉を

今、自分が思っていることに置き換えただけですが…sweat01

書きながら、

何回か声に出して読んでいると…






意外と、

何かがストンと…落ちたような気がしたんです。

















すべては自分の責任だというの自覚と

物事に対する捉え方が、少し軽くなるような…








上手く言えませんが…

そんな気がしてきました…sweat01












単純ですが…何か掴めそうな。。。

不思議な感覚です。
















ピントをずらさないように…ですが

自分の物事に対する捉え方が

ふっと明るく、軽くなるようなこと…






自分の発想の転換…

何がヒントになるか、わかりません。



浮かんだら…

書いてみたり、話してみたり…してみようと思います。









すみません…sweat01

いつも以上にまとまっていませんが…

お読み下さり、ありがとうございました。

Dsc07454

「では、おやすみニャさいshine

2016年2月20日 (土)

思考の癖の元には何が?

こんばんはshine




























不安、心配、恐怖…



思った以上に自分の中にある思考・感情でした。


























それを、自分の中でさらに膨らませている…

ということは

知らず知らずやってしまっていたように思います。







それが現実を造っているのに…ですsweat02












では、なぜそういう思考が出てくるのか…?

なぜ、わざわざ膨らませるのか…?













そういうことが起きたらどうしよう、とか

こうなったらどうしよう、とか…














先回りして考えることで

本当にそうなった時の

心の防波堤を作る?…というか、

驚くこと(衝撃)を回避しようとする…というか

そういう思考の癖なのではないか…sweat02

と思いました。




















といって、それも

なぜ、そうしようと(防波堤を作ろうと)思うのか?

その思考の癖の元にあるものは…?







そこを考えると…








思いがけない(と思う)ことが起きることを

とても恐怖に感じる…のかな…?


というところに行き着きました。





もっと細かく見れば、

えぇッ!?sweat01と驚くこと自体

恐怖に感じるようにも…。














だとしたら…







やはり、

思いがけない(と思う)こと自体を

恐怖ではなく、

楽しく捉えられるようになること…


根本から捉え方を変えること…





そこが本当に大事なんだ、と思いました。













それが徹底できれば、

そもそも、(そこに)恐怖心は

抱かなくなるような気がします。










そうなれば、当然、

こうなったらどうしよう…という心配や

それを膨らませることはしなくなるだろうな…とも。。。










自然と楽しいと思える…














そういうことが、

とても、とても大事なのだなぁ…shine

と、つくづく感じています。























自分の捉え方を楽しいものに変えること…upshine

それも、自分にしかできないこと。



根本的なところを見つめ、

色々な角度から変えていくよう考えてみる…



その工夫も楽しんでいきたいです。












愛猫を見た瞬間、

不安や心配という思考になりそうになっていた自分に

はっと気づかされたりすることも、これまで度々ありました…sweat01

Dsc07452

今さらですが、明らかにサポートしてもらっています…confident

2016年2月19日 (金)

楽しくなる捉え方

こんばんはshine


































akemiさん
に出会わせていただく前に

読んでいた本を整理しています。




最初は

必要なものとそうでないものに分けようと

思いましたが

判断を入れずに無の状態でチェックしていくと…

ほぼ必要のないものだ…sweat01と感じました。
























参考にしたり、勉強するために持っていた

チャクラやエネルギーについて

記述してある分厚い本も、

ほんの一部以外は

ありがたく…さよならさせてもらおうと思います。





チェックする時は

合う・合わない、良い・悪いなど

判断という思考を入れない…


徹底していきます。












































今日(19日)のakemiさんのブログ
に書いて下さった

楽しいを見つける…

楽しくなる考え方に変えていく…








言葉を目で追っているだけでも

楽しくなってくる感じがしました。(←単純ですsweat01
















幼少期の時に傷ついた記憶も、

考え方や捉え方を変えれば、

楽しいものに変えられる…

そう思うと…

なぜか、ワクワクする感じすらしたり…sweat01












自分のことを顧みると

トラウマになっているようなことは

その当時の

自分自身の捉え方が大きい…というか

それがすべてなのだろうな…と思います。














立場なども含め、捉え方・考え方を

楽しくなる方向へ変えてみると…

何かが確実に変わるような気がします。






楽しくなる捉え方・考え方…

習慣になるよう練習していきます…shine


















お読み下さり、ありがとうございました…shine

Dsc07448

「では、皆さま…おやすみニャさい……sleepy

2016年2月18日 (木)

本来の自分の感覚?

こんばんはshine






































以前にも少し書かせていただきましたが

お客さまのお身体に触れさせていただいていると

自分の中から

何かが沸々と湧いてくるupのを感じます。













それは、意図したり

何かを思おうとするわけではなく、

ただ、熱いものが湧いてくる感じです。













そして、自然と

ああ、この方が良い方向に行かれるといいな…

というような想いが溢れてきます。





つい先日、その感覚を感じていると…

ああ、そうだ…

こういうものだけでいいんだよなぁ…

と思いました。






こういう感覚だけでいいんだ…

というか、

こういうものしか要らないんだ…と。。。

















人や物事に対して、

一面だけを見て判断し、批判する思考は要らない。







良い悪い、好き嫌いも要らない。







何か、ふっと…感覚として

腑に落ちたような気がしました。




























それが今日になり…不意に

…あ、あの沸々湧いてくるものって…

やっぱり、本来の自分からの感覚だよなぁ…

と思いました。






だとしたら、

要らない思考の元、感情が動く自分は

明らかに本来の自分ではないなぁ…sweat02と。。。






沸々湧いてくる感覚を思い起こすと

そうでない時の自分との違いを

つくづく感じたのです。













自分の中には

ああいう感覚だけでない、余計なものがある…sweat02







だからこそ、

自分の思考の癖を

根っこから見つめ、しっかり分析しないと…

と、今更ながらに強く感じました。









気が付いて反省しただけでは

余計な思考はなくならないことも

痛感しています…sweat01





もっと繊細な感覚で

しっかり分析していくこと…です。





















昨日、書かせていただいた

夫に対しての自分の要らない思考・感情も

根本を掘り起こして、

しっかり分析していきます。



































…すみませんsweat01

自分のことを先に

書かせていただいてしまいましたが…





























今日(18日)のakemiさんのブログ

載せて下さったマークを見させていただきました。









しばらく見させていただいていると

第3の目のあたりがゾゾゾ…としてきて

脳の真ん中あたりが動いているのを感じました。




そして、それが後頭部の方まで行くかな…

という時に、

自分の身体が廻っているような…

複雑に揺らいでいるように感じ始め…

あ、昨夜の感覚だ…flairと思いました。








昨夜は、ドキドキするほど

強いエネルギーを感じさせていただいていて

横になる前から、身体が廻っているような…

どうなっているのかわからないくらい

複雑に揺らいでいるような感覚があったのです。










急いで横になるとsweat01

それがもっと激しくなってきて

目の前にもユラユラがたくさん…

さらにドキドキ。。。









といって、

知らない間に寝てしまったのですが…sweat01











体感はしっかり…

ありがたく感じさせていただいていました。














先ほど、マークを見させていただいたら

その感覚と同じような体感を感じて…










今も、何か…

脳も含めて?揺らいでいるような感じがあります…。







早めに布団に入らせていただこうと思います。。。
















akemiさん、
ありがとうございます…shine


Dsc07445

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年2月17日 (水)

夫に対しての自分

こんばんはshine




























夫に対しての自分を顧みています。
















結婚してから、かなりの年数が経ちますが

私は、新婚当初から今まで

ずっと仕事をしていました。

(当初は今の仕事ではありませんでした。)









振り返ると、

共働きということを言い訳にして

できていないことが

たくさんあるような気がしました…sweat01












いつも一番近くにいてくれる人に対して

何ができるか、何をしたいと思うかは

相手をどれだけ思えているか…

やはり、愛なんだと思います。







相手を大事に思っていれば、

心地よい環境で暮らしてもらいたいし

健康に留意したものを口にして欲しい…

その他のこともすべて

相手にとって、何が一番よいか…

という思考になります。




もちろん、そういう思いはありますが

思い返せば、

全般的に甘えていたのではないか…と思いましたsweat02













それは、相手に対する甘えであり、

自分に対する甘さなのだと思います。




いえ、甘さというと耳障りがいいですがsweat01

それこそ、愛が足りない…

ということですね…sweat02



















喧嘩のようになると

一方的に言いたいことを言う…なんて

まさに…ですbearingsweat01



























私たちには子供がいないこともあるのか

夫が子供のように思えたりすることも

よくあります。




ですが、

そう思うのなら、夫を夫という枠にはめず

子供を愛するように可愛がる…というか、

接すること…ですね。












どんな時も

子供を愛するように接していく…

















そういうことが大切なのだ…と

つくづく思います。







これは、夫に限らず…ですが。。。













まずは、

(夫に対する)自分の愛の足りなさを

しっかり自覚し、

しっかり反省すること…。






その上で、根本から変えていきます…shine

Dsc07435_2

「では……おやすみニャさいcherry

2016年2月16日 (火)

行動するということ

こんばんはshine









































やらなければ…と思いながら

後回しにしてしまっていたことが

まだありました…sweat01















よしっ!と奮起して

それに取り掛かり始めると…

即座に何かが動き始めたような気がしました。








そして、胸のつかえが

ス~ッととれていくような気も…。







ここで、

こんなに気になっていたことだったのに

なぜ、すぐに取り掛かれなかった…!?

思わず、

自分に突っ込みを入れましたsweat01









どう考えても

自分の都合で腰が重くなっていたのです。






そういう(行動に移せていない)ことがあるのに

自分は精一杯頑張っている…

と思っていたのかも…sweat02

とも思いました。




何かを一生懸命やっていると

(自分でそう思っていると)

その他のことで疎かになりがちなところも

私はまだあるなぁ…




それは、自意識の強さから…なのかな…?bearing





そもそも、

優先順位は間違っていないか…?



















即行動するということ…


タイミングが遅ければ、

違った方向に行ってしまうこともあります。








責任を持って、

タイミングを逃さず行動していくこと…です。

Dsc07430_2

2016年2月15日 (月)

ピントを合わせて、徹底的に…。

こんばんはshine




















今朝は、一度起きてから

リビングでウトウトしている時に

見た夢の一部をうっすらと覚えていました。








自分の中に

人を判断・批判する思考があることを

あらためて自覚させてもらったような…sweat02

と同時に

自分がどういうことに

不安や恐れを抱くか…を実感したような夢でした。










不安や恐れに関しては

起きてから、分析していくことで

ああ、そうか…flairと思うところもあり、

とてもすっきりしたようにも感じました。









が…

それも、自分よがりな見方や

分析になっていないか…ですねsweat01







もう一度、深く見ていきます。

















人や物事に対して判断・評価する、

良い悪い、好き嫌い…

そういう思考が、自分の中にまだ残っていましたsweat02






それをそのままにしていては

どんなに変わりたいと思っても

変われる準備ができないままです…。



徹底的になくしていかない限り、

何かしら感情が動いてしまうような気がします。










また、私は、特に夫に対して

感情が動いたままにしてしまう甘えがあったことも

痛感しています。




そこは、とても気になっていたところだったのに

直視できていなかったのかな…?bearing




だからこそ、

見直しのピントがずれていたのかな…sweat02

















そんなことを思いながら

夫にも話していると…




なぜか、夫もそういう感じ?になり…

大反省会のようなことになりました…sweat01









あらためて、

ああ、(夫は)軽くなってくれているんだな…

とてもありがたくなりました。




私も頑張らないと…です。。。





























本当に遅くて申し訳ないのですが…sweat02

根本的なところを見直していきます。

ピントを合わせて、徹底的に…。

Dsc07433

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年2月14日 (日)

変わっていくことの楽しさを…

こんばんはshine

































今日(14日)のakemiさんのブログ
を読ませていただいて

はっとし…何度も読ませていただいています。












誰かのこういう所が、どうも好きでない。

それは、自分の中にあるものです。

その誰かの中にあるものとは言えないのです。

akemiさんのブログ 2/14『人は変わる』

より一部抜粋させていただきました。)











ああ、そうだ…

そもそも、自分が気になるものが

どなたかの中にあると思うこと自体、

勝手に判断しているんだ…sweat01



それは、自分の中にもあるもの…ではなく、

まさに自分の中にあるもの…







だからこそ、自分がやることは

感情が動いた

自分の中にあるものを徹底的に見つめることだけ。

すみません…sweat01

何度も書いて下さってきたことなのに

そんなに大事なところが

しっかり腑に落とせていなかったのだ…sweat02

と思いました。






そして、

いまだに残る自分の問題点も

直視できていなかったのだな…と。。。



そこを自覚し、

徹底的に改めていかなければ…up

いえ、改めていこう…sign03

あらためて強く思いました。


















人は変わる。

ということをしっかり信じているか…

再度、自分に問うています。







人のために何ができるのか…

ほんの少しでも、できることがあれば…

大変おこがましいのですがsweat01

そういう気持ちは、自分の深いところから

沸々湧いてくるように感じます。








ですが、

真にそう思うのであれば、

人は変わるということをしっかり信じ、

自分がどんどん変わっていくこと…ですね。




変わっていくことの楽しさを

身を持って感じる…


そういうことが

サポートさせていただく

自分の基になるのだろうな…




今更ながらに…そう感じています。





今日は、暖かいを通り越して暑かったので…coldsweats01

Dsc07434

愛猫は、ひんやりする廊下で寝ていましたconfident

2016年2月13日 (土)

自分の中にもありました。

こんばんはshine
















今日は、気温がぐぐっと上がりup

春…というより初夏を思わせるような

ぽかぽか陽気sunとなりました。



本当に、驚くほど暖かかったですconfident











小さな頃のことを思い出し、顧みていると

自分の記憶という曖昧なものが

いかに、今の自分の思考に影響を与えているかを

痛感しましたsweat02


といって

それは、もちろん、ほかでもなく

自分がそうしていることなのです…sweat02




昨日、書かせていただいた

担任の先生の言動に対しての嫌だなという自分の感情、

先生を判断し、ジャッジしている自分の思考こそ、

身体の不調(おなかの痛み)や

当時の現実を造り出していたのだな…

と思いました。




ですが、何か…まだ

すっきりしない感じがあり…

う~~ん…sweat02と思っていたのです。。。























今日(13日)のakemiさんのブログ

読ませていただいて、

…ああ、そうか…sweat02

と思わせていただいたことがありました。














気が付いたのにもかかわらず、

今の私の思考も、

まだ先生に対して、ジャッジしたままなのでは…?bearing

と思ったのです。




気が付かせていただいた先生に対する

感謝が湧くより

好き嫌い、良い悪いという

要らない思考がムクムク湧いてしまう自分が

いまだにいました。



わわ…これじゃ、変わらないよ…sweat02


思わず、自分に突っ込みを入れてしまいました。

























そこで、もう一度、じっくり

当時の先生の姿を思い出し、

自分の思考や感情を顧みていると…








はっとしたことがありました。











当時、苦手だと思っていた

先生が怒っておられる時のお姿は…








夫と喧嘩している時の

私自身の姿に通ずるものがある…?sweat01sweat01

と思ったのです。






夫と喧嘩になる時は、

私の方が、一方的にワ~ッと言っていることが

多いのですsweat01





はっとした瞬間は、

思わず否定したくなりましたがsweat01

よくよく考えると…
















そうか…

自分の中にある部分なんだ…sweat02



と思いました。























相手の嫌だと思うことは、

まさに自分の中にあること…

ということは、これまでも感じていましたが…

なぜか、ここは繋がらなかったのです。











すると…





先生に対して

自分の中にあることだったのに

あんなふうに思って申し訳なかったな…wobbly

可愛がっていただいていたのにな…



という気持ちが沸々湧いてきました。








好き嫌い、良い悪いというものは

一番、自分自身を苦しくさせている思考だな…

と思います。

本当に要らないものですが

根深くあるのかもしれません…。









感情が動かず、

そういう思考が働くことがない…


近づいていけるようにしていくしかありません。







自分の中にあるものをしっかり自覚し、

その上で変わっていけるように…。



なぜか、ぼわっと毛を立たせながら…

Dsc07419_2

寝ている愛猫です。

2016年2月12日 (金)

自分の思考の傾向

こんばんはshine













昨日、書かせていただいたことの中に

自分の思考を見直す上で

もう一度深く顧みておきたい…と思うことが

出てきました。













それは、4か月に1度くらいのペースで

転げまわるくらいおなかが痛くなっていた

その頃の自分は

どのような思考をしていたんだろう?

どんなふうに感じていたんだろう?

ということでした。







身体には、

自分の思考が如実にあらわれるのを

痛感しています。





では、その頃の自分の思考は

どういうものだったのだろう…?と

今になって、あらためて思いました。







おなかの痛みは

ある程度一定のペースで繰り返し、

しかもすぐには治まらないので

盲腸やその他の疑いもあるということで

何日も検査入院したこともありました。













ですが、

毎回、原因不明…ということになり、

通っていた小児科の先生からは

「君は、空気を食べる子…だからかもね。」

と言われたのを覚えています。



空気を食べる…?





当時は、言葉をそのまま受け止め、

「私は、空気を食べている…???」となりました。










が、今から思えば、

呼吸が浅く、(呼吸の)吐くことを忘れていて

それがおなかに溜まっている…

という意味だったのではないかと思います。





呼吸が浅い=精神的なことが原因ということを

ご指摘下さっていたのかもしれません。





精神的なもの…と言っていただいたとしても

その時はわからなかっただろうと思いますが…

後から考えると、

こういうことだったのかな…

と思うことは浮かびました。







なぜなら、長く悩んでいた

転げまわるくらいの痛みが

ある時突然、現れなくなったからです。


それは、小学校3年生になってから

嘘のようにパタッと止んだのです。



3年生になり、少し経った頃

「…あれ?最近痛くならないけど…なぜ?」

となりました。







思い返せば、

小学校1・2年の頃と何が違うかといえば、

担任の先生が変わったこと…でした。







1・2年の時の担任は

定年退職を目前に控えられた

大ベテランの女性の先生でした。



















もともと1年生の時の担任の先生は、

20代の女性の先生だったのですが

途中でご出産のためにお休みを取られ、

急遽、そのベテランの先生がピンチヒッターに

立って下さり、

1年の途中から担任になられたんです。




















その先生は

年齢的にも祖母と同じくらいで

私たちのことを孫のように見て下さっていたことも

感じていました。


とても可愛がっていただき、

先生のお宅にまで

お邪魔させていただいた記憶があります。


















ですが、私の中で

密かに恐怖のように感じていたことがあったのです。







それは、クラスの皆の前で

オーバー気味に褒めて下さることがある一方、

「○○ちゃんがそんなことするとは思わなかった!」

と、突如激昂されることが度々あったからでした。







その都度驚いて

胸がバクバク…したことを覚えています。














また、私は、その頃

給食を食べるのが誰より遅いという

コンプレックスがありました…sweat01













食べ終わるまでは席を離れてはいけないと

決められていたため

休み時間になってもポツンと一人残って

食べ続けている私に

先生が言われた言葉は

その当時はグサッと刺さるものばかりでした。


そのことに対し、

何とも言えず、嫌だなぁ…と思う自分がいて

まっすぐには受け取れなかったのです。













…といって、

これも、自分の都合のいいように記憶された

曖昧なものなので

あくまで私の記憶の中で感じたことではありますが…


そういうことを思い出しながら

その頃の自分の思考を顧みてみると…








その頃から今に通ずる

自分の思考の傾向というものが

見えてきたような気がしました。
















この人はこういう人と決めつけたり…

人に対する得手・不得手があったり…

人を判断する、ジャッジをする…といった思考が

この頃から強かったのだ…と思いました。




まずは自分の思考ではなく、

相手の気になるところに注目してしまい

素直に受け取ることが出来なかったな…





原因を自分の思考以外に見ようという思考も

要らない思考もたくさんしていたんだな…sweat02


あらためて、そう思いました。
















ちなみに、その後、3年・4年の担任は

サバサバッとした体育会系の女性の先生になり…


おなかが痛くなることがなくなっただけでなく

なぜか、食べるのも早くなり、

休み時間までポツンと残って…

ということもなくなりました。





以前は、そこで、

何か脱したような気がしていたのだと思いますが、

自分の思考が原因であることがわかっていない、

人のせいにする思考が変わっていないのですから

真に脱したわけではなかったのです。



随分前から

そういう傾向があったことに気が付くと

また…腑に落ちる感じがしました。










そういったところを重点的に見ていき、

真に軽くなりたい…

強くそう思います。

Dsc07418

2016年2月11日 (木)

父との思い出から

こんばんはshine

























昨夜は、布団に入って目を閉じた瞬間に

またユラユラが見え始め、

これまで感じたことのないような体感…

振動ではなく、揺らぎのようなものを

感じ始めました。

 




何かがあるような気がして

ドキドキしていたのですが

その後、知らない間に眠ってしまったようでした。





今も、身体にその感覚が残っているような…

わずかにユラユラと揺れているような…

そういった感覚があります。











話は変わります。














先日、夫と話した時に

子供の頃に、親に落胆されることが

なぜ、それほど嫌だったのだろう…?

という話になりました。









思い返せば、私の場合は

晩年の父に対しても

そういうところが強かったのです。





父の前で、良い子というより

元気な感じ?でいなくちゃ…という思いが

強かったような気がします。
















なぜ、そう思うのだろう?

と、度々自分に問いかけたりもしました。




その度に、

(そういう思考に)影響を与えていたのかな…

と思い浮かぶ思い出はありました。











以前にも書かせていただいたかと思いますが

私は、小学校の2年生くらいまでは

4か月に一回くらいのペースで

おなかがとても痛くなる子だったんです…sweat01


















それも、毎回、突然、

七転八倒するほどの痛みが襲ってくるので

私自身も恐怖でしたし、

何より母がとても心配していたことを覚えています。










私がそうなると、

母は、病院に連れていったり、

看病をしなくてはいけなくなったりするので

父の仕事が手伝えなくなります。
















小さいながらに

業務に支障があるだろうな…

お母さんの仕事もたまっちゃうのかな?

などと思っていたような記憶もあります。




















そこで、父との思い出です。












父にも、おなかをさすってもらったりした記憶は

あるのですが…

なぜか、良く覚えているのは

他のことだったんです。















たぶん小学校1年生の頃のことだったかと思いますが

それは、私がちょうど布団の中で

うんうん唸っている時に

仕事から帰ってきた父が放った一言でした。




「おまえ…また痛いのか!?」






その時の私には、

父が怒ってそう言っているように見えたのです。









その一言で突き放されたように感じ、

とてもショックだったことをよく覚えています。











ですが…

今から思えば、

それこそ、自分に都合のいい曖昧な記憶です。


父からしたら

もちろん、突き放したわけでも何でもなく

仕事を終え、ほっと一息…

と思いながら帰ってきたのに

私がまた寝込んでいたから、

え~!また痛いの~?いったいなぜ~…?

と、つい出てしまった言葉だったのでは…?

と思います。








今は、十分理解できるのです。








このことは、これまでも

何度か思い出してきたことでした。

もうとっくに昇華し、

笑い話のように思い出せるようになったかな…

と思っていたのですが…











今回、夫と話していて…

もしかして、その時の感情を

いまだに手放せないでいるのかな…?

と思ったのです。















理解はできても

まだ腑に落とせていないのかな…?



そのショックだった時の感情や思考を

もっと掘り下げて

見ていかないといけないのかな…?とも。。。




















そもそも、

その時の自分の思考は

父を判断していた…ということになります。






私の中の

人を判断するという思考を改める上でも

もう一度、しっかり顧みることが

必要な記憶…なのかもしれません。













あらためて父に感謝しながら…

しっかり手放せるよう

もう一度、見ていきます。

Dsc07404

2016年2月10日 (水)

自分に都合のいい捉え方

こんばんはshine















今朝、仕事に行く時に

ある光景が目に飛び込んできました。








横断歩道の青信号が点滅し、

もうすぐ赤になりそうな時に

小学校1,2年くらいの男の子と

そのお母さんと思われる女性が2人、

その横断歩道をめがけて走ってこられました。








お母さんが前を走っていて

少し離れて走っている男の子は

必死にお母さんの背中を追っているように見えました。






すると、お母さんは後ろを振り返り

急いで!というジェスチャーを見せ、

青信号の点滅中ギリギリで

横断歩道を渡り終えたんです。






一方、男の子は、

まだ横断歩道に一歩踏み出したくらいでした。

















そこで、信号が赤に変わりました。





思わず…ドキッ。



横断歩道の信号が赤に変わっても

車道の信号が青に変わるのに、

少しだけ時間がありますね。


もしかして、お母さんを追って

無理して(横断歩道を)渡ろうとしてしまうのでは…?sweat01

と思ったからです。









ですが、

男の子は一瞬迷いながらも

そこで足を止め、渡るのをあきらめたようでした。




その姿を見て、ほっとしました。が…









それと同時に、

私の中に浮かんだこと…






なぜ、小さい子を後ろにして

お母さんは先に行ってしまったんだろう?

ということでした。





即座にはっとしましたsweat01





…あ、今、判断しようとしている…sweat02

と思ったのです。






その考えがそのまま進むと

今のはお母さんがいけない…

急いでいたとはいえ、

もっとお子さんのことを考えるべきだったのでは…

というように、何と偉そうにsweat01

ジャッジしてしまっていたのではないか…sweat02

と思いました。












そして、以前はこういうことは

普通に思っていたなぁ…と思ったのです。





















自分の思考を顧みることの大切さに

気が付かせていただく前は、

自分の正義感から思ったことのように

捉えていたのかもしれない、と…。











そういうことが

要らない思考とは思いもよらなかったようにも

思います…。


考えたら、正義感でも何でもないのに…sweat02































人を判断する…という思考は

昨日の夫の話の中にも出てきたことですが

これまでも、何度も見直しているのにもかからわず、

まだ…自分の中にありましたsweat02















気が付いても、反省しただけで

終わっていたからかな…sweat02と思いましたが

正義感のように

自分の都合のいいように捉えていたことも

あるのでは…?

そういうことが

しっかり腑に落ちていなかったのでは…?

とも思いました。















また、

自分に都合のいいように捉えるという傾向が

自分の中に

まだ根強くあるのかもしれないsweat02とも…。






そういうところこそ、

しっかり自覚し、即座に改めないと

いつまでたっても

真実は見えてこないまま…です。













反省だけで終わらず、

改めることまで徹底していきます。

 




久しぶりに、この体勢の愛猫が撮れましたconfident

Dsc07409

「お読み下さり、ありがとうございました…shine

2016年2月 9日 (火)

夫のノート

こんばんはshine














夫に

今の自分の思考の見直しをする上で

過去のことを振り返って

気になることを、もう一度洗い出しているんだ…

という話をしていました。







今夜、家に帰ると、

夫が自分でノートを買ってきて

昔のことを書き出していました。


















自分から能動的に

そういった行動をするのは

初めてかもしれません。


















なぜ?と聞くと、

自分の思考で、

気になるけれど変えられないと思うことがあったから

振り返ろうと思った…とのことでした。




それは、どういうところ(思考)?と聞くと…







他人を判断する、

どう思われるかを気にする、

自分は悪くないと思いたい…





まさに、私と共通するところだ…sweat02と思いました。




























それについて見ていると

保育園の頃のことにまで遡ったそうです。

(本人の了承を得て書かせていただきます。)














当時、友達と遊んでいて、

思いがけず、友達の指を

カッターで切ってしまったことがあったそうなのですが

その時、(その友達と)相談して

マンホールの蓋の角で切ったことにしようと

いうことになり…








その後、親にはそのような嘘を言って

結局、本当のことが言えなかったのだそうです。

(その友達は被害を受けた側なのになぜ?と聞くと

一緒に遊べなくなることを

危惧したのだと思う…とのことです)










いまだに

その場面が鮮明に思い出されるそうで

なぜ、嘘を言ったのだろう?

怒られるのが嫌だったから…?

いい子だと思われないといけない…という思考?






色々な考えが巡りながら、

そういえば、

親に落胆されるのが凄く嫌だったよなぁ…

というところに行き着いたようでした。




それは、

まさに私自身にも当てはまるところで

聞いていると、

落胆された…と思った時の嫌な感情まで

思い出せそうになりましたsweat01















あらためて

その時のネガティブな感情も含め、

自分の都合や考えが影響した記憶というものを

後生大事に取っておいてしまっていたら…

今の自分の考え方に

影響を与えてしまうということが

よくわかるような気がしました。

















そして、それはもう要らないもので

完全にさよならするべきことだ、ということも

あらためて思い…

夫とも、そうだね…という話になりました。








また…

そんな話をしていると

夫からは聞いたこともないようなことも出てきて

えっ、そうだったんだ~…

と思うこともあったのです。











長い時間一緒にいる…という理由だけで

夫に対しても、この人はこういう人…と

決めつけて見ているところが

まだあるのでは…?sweat02とも思いました。














まだまだ反省しきり。。。

即座に変えていかないと…です。

Dsc07399

2016年2月 8日 (月)

明るく、軽く…という大切なこと

こんばんはshine















今まで起きた出来事の記憶(その時の感情も)を

思い出しながら、今の自分の考え方に

影響を与えていると思うものを

再度洗い出していると…

















思っていた以上に、自分の中に

不安・恐れ・心配…といったものが大きいのかも…sweat02

と思いました。















では、そもそも、そうなるに至った

その時の自分の思考は…?というと…













特別意識…

何か起きると自分思考以外のことに

原因を見ようとする思考…

自意識・エゴや欲が混ざった思考…



自分の中のそういうものが

再度、浮き彫りになってきました。













そういうものが

自分を過大評価させていたとしたら…

何かが起きる度に

自分の中の落胆やショックを

大きくさせていたのではないか…

それらが、

不安や恐れ、心配といったものを

大きくさせていたのではないか?

と思いました。







そして、そこが、今もまだ完全には

拭い去れていないのではないか、とも…。























その一方、

まだ、完全に腑に落とせていない…と思うこともあり、

だんだんと、ん~~…bearingsweat02となってきて…


ふと…思ったことがありました。



あっ、今、深刻になりそうになっていた…sweat02

と。








なかなか腑に落とせないと

いまだに深刻になりそうになる自分がいるなぁ…sweat01

と思ったんです。
















思わず深刻になってしまう…









まだまだ、

自分を客観的に見ることが徹底できていないから…?



上記のこととも繋がっているのかもしれません。









明るく、軽く…

とても大切なことですね。
















わざわざそうしようと思うものではなく、

しっかり見直しができていれば、

自然とそうなっていっているはず…。







芯から明るく、軽く…なっていけるように

見直しを深く深く…していきます。

Img_3350

2016年2月 7日 (日)

信じ切るということ

こんばんはshine

 

 







思考の見直しを続けていると

自分が何を信じているか?ということが

いかに重要か、

今さらながらにヒシヒシ…感じました。













本当に今さらではあるのですが…sweat02



何を信じているか?

そして、信じよう…ではなく、

信じ切ることができているか?











私は、信じ切れていなかった上に

自分が信じ切れていないことも

自覚できていませんでしたsweat02



















信じ切れていないから

潜在意識にまで及ぼすことが

できなかったのですよね。。。






















では、信じ切れないのはなぜか…?

それを阻む自分の思考は…?


















そこを顧みていると…

再度、自分の中に残っているネガティブな思考の

見直しになり…

自分の中の不安というものが大きいように感じたのですが

途中で行き詰まってしまいました…sweat02























そこで、

以前、akemiさんが書いて下さった

自分の都合や考え方が影響した

過去の記憶や感情というもの…

そして、その曖昧なものの影響について

もう一度、洗い出してみる…に至っています。









記憶がいかに影響を与えるかということは

魂の記憶の書き換えをさせていただいた時に

感じさせていただきました…sweat02









生まれてから今までの

記憶やその中の感情といったものの影響で

潜在意識にまで及んでしまっている

ネガティブなものがまだあるかもしれません。

(それも、もちろん自分自身が

そうしてしまっているのですが…sweat02







ネガティブなものは

残らずポジティブに変えないと…。












もう一度、とことん洗い出します。

Dsc07384

2016年2月 6日 (土)

すべては行動で…

こんばんはshine















昨夜は布団に入り、目を瞑るとすぐに

ユラユラが見え始めました。










何かが始まるような感じがし始め、

その後すぐに、もの凄い速さで

上に上がっていくようにup感じました。







自分の身体が

布団の上にあるのはわかるのですが

その一方、超高速スピードで風を切るような体感と

自分の身体が変化していくような感覚も

感じさせていただいたように思います。











目の前に見えるものもどんどん変化していくので

色々なところに移動しているように感じたのですが…

どうなっているのかは

よくわからないままでした…sweat01
















ただ、最後の方にエメラルド色の光が見えたことは

はっきり覚えています。







ああ、まだまだな私にも見せて下さってる…weep








何とも言えず、ありがたい気持ちが湧いてきて

もう…本当にこのままではいけない…

しっかり変わらないと…sweat01

と、あらためて自分に喝を入れながら…

そのまま寝てしまったようでした。





ただただ…

ありがたかったです…weep
































反省する時に、出てくる考えが

潜在意識にある意識です。

潜んでいるエゴかもしれません。



akemiさんのブログ 2/6『渦巻き状のものが…』より

一部抜粋させていただきました。)




















今日(6日)のakemiさんのブログ
に書いて下さった

お言葉が…響いています。













私は、素直に反省する前に

「えっ……だって……。」と言い訳したくなる自分が

いまだにいました。







原因を自分以外に見ようとする思考が

自分で自覚しているより

はるかに大きいものだったことを痛感しました。



それは、まさに私の中に

まだ潜んでいるエゴなのだ…sweat02と思います。














振り返れば、

自分を苦しくさせているのも

自分の中のそういうエゴだったのに…bearingsweat02











徹底的に自覚することもできていなかったのです。

















徹底しないと…

変わることはできないですね…。







素直に反省できない自分が

わずかでも残っていれば、

何かしらネガティブが残っているということ…



そのままでは

絶対に変わることはできません。










クリアするべきところに

気付かせていただいていることが

どれほどありがたいことか…




今更ながらにヒシヒシ感じますが…


そういうことを感じていれば、

素直に反省できるはず…です。







自分の感謝は、

やはり、まだまだ浅いものだったのだ…sweat02

とも思いました。


























口では何とでも言えます。














自分の潜在意識に潜むエゴをすべて洗い出し、

クリアにしていけるように

行動していくしかありません。







すべては、行動で…です。

Dsc07374

2016年2月 5日 (金)

とても大事なところだから…

こんばんはshine




































今日(5日)のakemiさんのブログ
を読ませていただき、

とても大事なことを書いて下さっている…

と思いました。









何より、私は自分に当てはまることばかりで

何とも言えず…染みました。




































先日、素直に反省できない自分が

いまだにいることを痛感しました。












そういう自分からは

気付きを与えて下さった方々への

感謝の気持ちが湧いてこなかったのです…bearingsweat02



















それは、ハートがざわっとする…

とても嫌な感覚でした。















即座に見直しても…

素直さに欠けている自分のまま、

その自覚もないままでは…

到底、深く反省することも、真実を見つめることも

できませんでした。





















余計な思考や感情が入り込み、

しばらく悶々としたものだけが残りましたが…

それも、

自分自身がそうしていたのですよね。。。




















自分を顧みる時に

余計な思考や感情が入り込むのは

まず、素直に反省する…という

一番大事なことができないから…

そして、その自覚もないから…かもしれません。











私の場合は、そういう自分である自覚が

全然足りなかったのです…sweat02









しっかり自覚した上で

純粋に、真剣に取り組まないと

変われるわけがありません…。









素直に…

純粋に…







何より大事なところだな…と感じています。








もう一度、しっかり見直します。

Dsc07375

2016年2月 4日 (木)

当たり前のことに…

こんばんはshine





















要らない思考だけでなく、

要らない感情が湧くことがまだあるな…sweat02

と痛感した時から

それはどうしてかな…?

どういう時だろう…?と見ていると…







特に、(相手の方の)言葉という表面的なところに

反応してしまうことがあるんだなぁ…sweat02

と思いました。






単純に、強めの言葉だと

自分の感情が動いているのを感じるのです…sweat02














その時の自分の感情は…

恐れや不安…といったものかもしれません。





















ですが、

そういうところに感情が動くことこそ、

私の中に、自分の思考以外のことに

原因を見つけようとする思考があるからでは…?

そこは繋がっているのでは…?と思いました。














そもそも、

本質的なところを見る以前に

表面的なところに捉われている自分がいるのは

明らかです…bearingsweat01










やはり、それらは、

私の中のテリの部分なのです…sweat02









何か起きた時…

どういった場面においても

淡々と自分の思考を顧みる…







それ以外は、余計な思考や感情…ですね。








そこを腑に落とし、徹底していくことで

(そうすることが)当たり前にできるように…

当たり前のことになるようにしたい…です。






(それが当たり前になると)

そうしようと思わなくても

信じ切れるようになるのでは…

信じ切れる状態が当たり前になるのでは…

と思ったりも…。












単純ですが…sweat01

書いていたら…希望が湧いてきました。

(本当に単純です…sweat01










強い気持ちで…徹底していきます。

Dsc07339

「……………sleepy……………sleepy………。」

2016年2月 3日 (水)

姉との思い出から…

こんばんはshine

























子供の頃からの思考を振り返っていたら

ふと思い出したことがありました。



























子供の頃からの思考ということで

思い出したことではなかったのですが

かなり昔のことなのに

なぜ、こんなにはっきり覚えているのだろう?

と思うことでした。


















私は、特に幼稚園の頃までは口数が少なく

言葉にしようと思うと、

時間がかかる子供だったのですが…








姉と一緒に親戚の家に遊びに行き、

叔母から「今夜は何が食べたい?」と聞かれた時のことです。

(長い休みの度にお邪魔していたので

こういう機会が何度もありました。)









まず、姉が答えるのですが

「じゃあ、○○ちゃんは?」と自分に振られた時に

私はう~ん…と考えていて、なかなか答えられません。






すると、姉が

「○○もそれがいいみたいです。」

と代わりに答えてくれることがありました。

(○○とは私のことです。)









その時、私は、心の中では

…えっ?今、言おうと思ったんだけどな…

と思っていることがよくあり…

しかも、違うものを言おうとしていることが

多かったのです…sweat01




私とは4つ離れていて

いつもハキハキ、正義感も強い姉は

私が答えに困っていると思ってくれたのですね。





それがわかったので

「あ…はい、それがいいです。」

と答える私sweat01













そのくらい歳が離れている兄弟や姉妹にはありがちな

思い出すとクスッと笑ってしまうような

思い出なのですが…






少し前に、そのことを姉に話すと

思いがけず、姉がとてもびっくりしていたんです。











「え~っ?そうだったの~?sweat01

答えられなくて困っていると思ったから

助け船を出しているつもりだったんだけどsweat01










…うん、そうだよね、それはわかってたよ…wink

と言いながら、

ああ、そうか…

お姉ちゃんは、全然気が付いていなかったんだ…

と、あらためて私も気が付いたのです。







それは、小さな頃の他愛なくも

楽しい思い出ではありましたが…

そこから…ふと考えました。


















そういうことって、もっとあるかも…と。。。















特に大人になってからは

私が(人に対して)よかれと思い込んで

していることがあるのでは…?

と思いました。


















すぐに思い当たったのが夫に対してです…sweat01










夫は、自分の思ったことを

言葉に出すのに慎重で時間がかかる方です。










振り返れば、

夫が自分の言葉で話し出す前に

私は、…こうだよね?と言っていることがある…sweat01

と思いました。











本当は、

夫はそう思っていないかもしれないのに

夫もそう思っているだろう…と決めつけて。


その空気に

思わず夫も「…うん。」となっていることも

あるのでは…?と。。。













姉の場合は、

私に対しての優しさからでしたが…

私は、どうだろう…?

よかれと思って…ではなく、

自分の都合でそうしている時があるのでは…?sweat02

と思い、恥ずかしくなりました。







なぜ、今、そんなことを思い出したんだろう?

と最初は思いましたが…






自分の中のこういうところも

もっと掘り下げて見ていく必要があるのでは…?

と思いました。





















今日(3日)のakemiさんのブログ
を読ませていただいて

ああ、また、即行動して下さっているんだ…weep

頭が下がる思いでいっぱいになりました。













何とかついていけるよう…

見直しを続けます…shine

Dsc07335

2016年2月 2日 (火)

残っていたネガティブな思考

こんばんはshine









昨夜は、横になる前から

ものすごいエネルギーを全身に

感じさせていただいていました。








布団に入って目を瞑ると

透明のユラユラしているものが見え、

その後、うっすらと…でしたが

たくさんの子供たちが周りにいるようなビジョンが

見えたような気がしました。




たくさんの子供たちが走り廻っていて

サッカーかバスケットボールでもやっているかのような…

一瞬でしたが、

もの凄くたくさんの人たちがいるような

賑やかな感覚がありました。


















私はまだ、

自分で自分を不幸な気分に

導いてしまっている時があるなぁ…sweat02

と思いました。





落ち着いて自分の思考を

見直せばいいだけのことなのに

心配といった思考がふっと湧いてきて

ああ、それはネガティブな思考だ…sweat01

打ち消している時があるのです。





心配や不安は、

ものすごいネガティブな思考だな…sweat02

と、以前にも感じたことがあります。


何より、胸がざわざわ…と反応する

とても重たいものだ…sweat02と。。。






















それがわかっているのに

なぜ、わざわざ心配という思考になるのだろう…?sweat01





この世界で

当たり前にいわれていることで

未だに信じ込んでいるものが

元にあるだろうか…?





それが、自分のネガティブな思考と

繋がってしまっている…?



























ここ数日、

再度、子供の頃からの自分の思考を

振り返って見ていました。









すると、

以前にも気になり、顧みたことですが

まだ気になったことがありました…sweat02













子供の頃、何か起きた時に

こうなったらどうしよう…と

その後の良くない結果を考える時があったのです。

まさにネガティブです…sweat02












akemiさん
が書いて下さった

負の連鎖を呼ぶ考え方だなぁ…sweat01と思いますが…

そういうところが

自分の中にまだ残っているのでは…?

と思いましたsweat02





そういう思考をなくすことは当たり前ですが

もっと細やかな繊細な感覚で

ほんの少しのネガティブな思考も見逃すことなく、

徹底的になくしていくこと…ですね。。。



この世界のことで

自分を不安にさせているようなことも…

自分の中にまだあるかもしれません。









見直します。

Dsc07364

2016年2月 1日 (月)

腑に落とせていない傲慢さ

こんばんはshine



























今日(2月1日)のakemiさんのブログ
を読ませていただいて

なかなか変われない方は

それが潜在意識にまで及んでいないから…

と書いて下さったことに

まさに私のことだ…sweat02と思いました。







自分の考え方以外に

原因を見つけようとする傾向も

自分の中にまだあることを痛感しました…bearing




そもそも、

そういうところがあることに

気が付いたのは随分前のことです。










といっても、

自分では気付けず、

akemiさんが何度もブログに書いて下さることで

気が付かせていただきました。












ですが、

今まだ、そこがあるのです…wobblysweat02





それはなぜだろう…?












自分の思考を顧みることが

徹底できていないから…?

















なぜ、徹底できない…?






















そこを考えると

のどに魚の骨がつっかえているような…

そんな感覚になりました。

















それが今夜、お風呂に入っている時に

ふっと…思いました。








あっ…

それ以前に

しっかり腑に落とせていないんだ…sweat02と…。









恥ずかしながら、そう思ったのです。。。





















何かあった時、

即座にすることは、自分の思考を顧みることだけ。


それ以外のことは必要ないはずです。










それなのに、

その他の余計なことが浮かんだ自分を顧みていると…






それは、やはり

すべてのことの原因が自分の思考にある

ということの理解が、まだまだ浅いからでは…?

と思いました。













しっかり腑に落とせていないからこそ、

徹底できていないのでは…?とも…。

















その時、

のどにつかえている魚の骨は

ポロッととれたような気はしたのですが…













そんなに大事なことが

未だに腑に落とせていないなんて…

本気で変わりたいと思っていたのだろうか…?sweat01

思わず、自分に突っ込みを入れたくなりましたsweat02




















そして、その元にあるものは

どう考えても、自分の傲慢さだ…catfaceと。。。






自分の傲慢さが

それほど大きなものだったとは……sweat02

唖然としてしまいました。























傲慢なまま、

中途半端な理解では徹底できないはず…









それでは、

潜在意識にまで及ぼすことなんて

できるはずがありません…bearing














自分がこの世界で変えるべき課題の一つは

まさにそこなんだ…

今更ながら…強く感じます。









そう思うと、見直しのピントが

ズレていたようにも思えてきました…。




ピントがズレたままでは

いつまで経っても変われない…ですね。。。














ピントを合わせ、

しっかり腑に落とし、即行動へ…






そして、何が何でも徹底していくこと…です。

Dsc07362

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ